無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

国民全員が毎日おにぎり1個分の食料を捨てていることになると食品ロス問題専門家の井出留美氏が警鐘を鳴らしています。飽食の中での飢餓、やはり社会がおかしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・
6月18日は「おにぎりの日」。国民全員が毎日「おにぎり」捨てている

(Yahoo!ニュース 個人2018.06.18)
井出留美  | 食品ロス問題専門家・ジャーナリスト・博士(栄養学) 

 日本で発生する年間の食品ロス量は646万トン。これを一人一日あたりに換算すると、139g。農林水産省の資料「食品ロスの削減に向けて」では「茶碗約1杯の量に相当」と表現されている。

筆者は、食品ロスの講演をする時、この量を「おにぎり1個分」と表現している。われわれ全員が、毎日、おにぎり1個分の食べ物をごみ箱に放り込んでいるんだ、と。

そして、2007年に餓死した男性が書き残した言葉が「おにぎり食べたい」だったことを紹介する(原文では「オニギリ食いたい」)。

2007年7月10日、北九州市で独り暮らしをしていた、元タクシー運転手の男性(52歳)が自宅で亡くなっているのが発見された。生活保護は、その年の4月に受給廃止になっていた(朝日新聞 2007年7月11日付 東京夕刊17ページ)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「未来の年表」2が発行されます。最初の本が出された時にもかなりのインパクトを与えましたが、2は更なるバージョンアップがなされるようです。国内だけでは解決のヒントが見つかりません。外国にヒントは無いのでしょうか。
悲観論ばかりが先行して、新しいビジョンが示されません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
居室での孤独死、街の混乱、地方から姿を消す銀行……少子高齢化の日本に待ち受ける恐ろしい未来
(ダ・ヴィンチニュース2018.06.18)

『未来の年表2(講談社現代新書)』(河合雅司/講談社)が発行されます。第2弾となる本書は、前作の二番煎じどころか、その恐ろしい未来を私たちの身の回りに起こるレベルまで拡大して予想した「パワーアップ版」だ。
書かれている内容のポイントは次の4つと指摘されています。
■伴侶に先立たれると自宅が凶器になる
■「高齢化した高齢者」の外出が街の混乱を招く
■地方衰退を加速させる地方銀行の衰退
■これからの時代は「1人で2つ以上の仕事をこなす」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

安倍政権の6年間の総括を行うべきです。この6年間で超高齢社会を乗り切るための社会保障制度のあるべき姿を描き切れず、社会保障は後退の一途をたどっています。それにも拘わらず、又構造改革を5年間先送りしようとしています。このままでは介護も福祉も国民生活は壊滅的なダメージを受けてしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主張「骨太」閣議決定
負担増持ち出す資格あるのか


しんぶん赤旗2018.06.16

 安倍晋三内閣が来年度予算編成に向けて「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)を閣議決定しました。来年10月からの消費税率の10%への引き上げを明記するとともに、「財政健全化」を口実に社会保障費の大幅カット方針の続行・強化を盛り込むなど、暮らし直撃の重大な内容です。「森友・加計」問題などで国民から厳しい批判を浴びている疑惑まみれの政権が、国民に一層の負担と犠牲を押し付ける資格があるのか―。安倍政権による生活破壊ノーの声を広げることが重要です。
安倍政権はこの6年間、「自然増」削減により社会保障費を1兆6千億円も削り込み、医療や介護、年金、生活保護など各分野で国民の負担増・給付減という深刻な被害をもたらしました。暮らし破壊の加速を狙う「骨太の方針」の危険性は隠しようがありません

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ