無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。


孤独死の増加に伴い、賃貸物件における事故物件も増加しています。プロの見方で事故物件を見分ける3つのコツを教えてもらいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

東洋経済オンライン2019.1.20
 プロが教える見抜き方と業界慣行の抜け道

事故物件を、入居する側はどのように見抜いたらいいのだろうか。事故物件公示サイト「大島てる」の運営者である、大島てる氏は事故物件を見分けるコツについて、主に3つあると言う。

① 不動産屋に案内されたときに、ほかの部屋に比べて、異様にリフォームされている

② アパートやマンション名が最近、急に変わった

③ 1人目には告知するが、2人目には言わないという不動産会社の慣行を悪用
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

中国メディアが日本の孤独死保険の普及の背景にある問題点を指摘する専門家の意見を発表しています。「孤独死保険は日本の社会保障機能が急速に失われていることを意味する」と指摘、日本社会の問題点に警鐘を鳴らしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・
日本の「孤独死保険」の背後にある社会の痛み―華字メディア
ニコニコニュース2019.1.19
 華字メディア・日本新華僑報網は2019年1月15日付で、日本で「孤独死保険」のニーズが高まっていることの背後にある問題を指摘する記事を発表した
記事は、「日本では時代の変化とともに保険市場にも変化が発生している」「孤独死保険のニーズが高まっていて、各保会社も重点商品としている」と紹介。一方で、こうした現状に日本社会からは懸念の声も上がっていると伝えた。

高まるニーズに大手保険会社も「重点商品」としてリリースしているが、日本社会からは懸念の声も出ていると記事は指摘。「死ぬまで自分の家を持てない高齢者が増えているということだ。日本の貧困問題は悪化し続けている。しかも、世話をする親族がおらず、社会から関心を示されず、頼れる死に場所がない。これは日本社会で無関心さがまん延していることを示している。孤独死保険は、日本の社会保障機能が急速に失われていることを意味しており、無縁社会になろうとしている。日本にとって決して良いニュースではない」と指摘する。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

福島県小野町で要支援者がいる世帯や、生活保護受給世帯に対して火災報知機を無償配布をすることを決めました。ここまで踏み込んだ対策に今後成果が期待されます。福井県は都道府県別で設置率が95.1%と最も高く、成果を上げていると言います。秋田、福井、福島と対策が進んでいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
火災警報器の設置向上策は 16日に緊急会議、小野の住宅火災教訓
福島民友2019.1.14
 小野町で一家7人が亡くなった住宅火災から21日で2カ月となる。平成以降、最悪の犠牲者を出した建物火災は、県内で設置率が低い住宅用火災警報器の必要性を浮き彫りにした。

消防は、警報器の設置で逃げ遅れを減らせるだけではなく、近隣住民や通行人に異常を知らせる効果もあると指摘。小野町の火災では警報器が設置されておらず、多くの犠牲者が出た一因になったとみられる。

「人が亡くなる火災が二度と起きないようにしたい」。火災を受け小野町は、警報器未設置世帯への設置費用の助成を決定した。

 助成は町内の個人住宅が対象。要支援者がいる世帯や生活保護受給などの非課税世帯には無償で配布する。その他の未設置世帯には単独型、複数の警報器で警報音が鳴る「連動型」とともに費用の半分を助成する。

県によると、都道府県別で設置率が最も高い95.1%の福井県では、消防本部や消防団が全戸訪問して未設置世帯を把握し、集中的に設置を進めていることが奏功しているという。人海戦術が結果を出している一例だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ