無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
豊かな高齢者社会の構築に向けて、日々尽きることの無い気付き、出会いを綴って参ります。

<前回に続く>

一緒なら生演奏も 2人で練習

ピアノとチェロの生演奏を披露した三川泰子さん(右)と一夫さん


 このイベントでは、お客さんの耳を楽しませるのにも、認知症の人が活躍しました。

 ピアノ教師だった三川泰子さん(62)は4年前、若年性認知症の診断を受けました。次第に楽譜が読めなくなり、鍵盤の位置も分からなくなっていったそうです。「本人にはプロとしての誇りがありましたから、ピアノを思うように弾けなくなったことが、とてもつらそうでした」と、夫の一夫さん(69)は振り返ります。

 2人一緒なら人前でも演奏できるのではと、一夫さんも趣味のチェロの練習を重ねました。そして、6月のプレオープンに続き、合奏を披露することになったのです。

夫婦の絆に拍手

 「演奏を間違えても、ここは『注文をまちがえる料理店』ですからね」と、一夫さんがいたずらっぽい笑みを浮かべ、ピアノとチェロの「アヴェ・マリア」(バッハ=グノー)が始まりました。

 ピアノの旋律は、所々で音やリズムがずれ、止まってしまいます。その度に一夫さんから「大丈夫」と励まされ、泰子さんがまた鍵盤に向かいます。時には一夫さんが泰子さんの手を取って正しい位置に置き直し、つっかえたり戻ったりしつつも演奏が続きました。

 その音に耳を傾けながら、病気になり、自分の人生を形作っていたものが奪われていくのはどんな思いだろうかと考えました。いろいろなことができなくなった自分を受け入れ、支えてくれる人がいたら、どんなに心強いだろうかとも。失ったものは大きいかもしれませんが、夫婦の絆はより強く結ばれているように感じました。

 こうして原稿を書きながら、演奏が終わったときの割れるような拍手を思い出し、お客さんたちも私と同じ思いを持ったのではないかと想像しています。

 この3日間で計12回の演奏をやり遂げたことが、「自信になりました」と泰子さんはいいます。レパートリーは今のところこの1曲のみですが、これから増やしていこうと、2人で練習に励んでいるそうです。(ヨミドクター副編集長 飯田祐子)

ブログ関連記事:
           
           
           

当ブログで2回ほど記載をしました「注文を間違える料理店」が話題を呼んでいます。海外を含めて60件の取材依頼があったということからも注目の度合いが伺えます。このようなお店がもっと全国にできると良いですね。
認知症の方々が働ける、素晴らしいことです。社会が認知症の方々の社会進出を受け入れ始めたということがすごいことだと思います。イタリアの社会協同組合的な活動が活発になることを期待します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

yomiDr.編集室より

コラム

認知症 失ったものと得たもの

注文と違う料理、でも大丈夫

注文をとる認知症の女性。伝票にはあらかじめ料理名などが印刷してあり、印を付けるだけでよい(写真はすべて森嶋夕貴/D-CORD撮影)

 
認知症の人が接客する「注文をまちがえる料理店」が、9月16~18日の期間限定で東京・六本木のレストランにオープンしました。

 認知症の人がウェーター、ウェートレスになって注文を取り、料理を運びます。プロの料理人が調理し、フロアにはサポート役のスタッフが目を配っていますが、それでも「注文と違う料理が出てきた」「セットのサラダが二つある」などのミスがあちこちで起きます。でも店名の通り、間違えるのが当たり前ですから、お客さんも怒らないで下さいねーーというイベントです。

 テレビ局のディレクターと介護関係者のアイデアから始まった企画に飲食業など各界からメンバーが加わり、6月に2日間だけ開いたところ、大きな話題になりました。9月21日の「世界アルツハイマーデー」に合わせ、規模を拡大して開催することになり、専用サイトで資金を募る「クラウドファンディング」を行うと、500人近くから約1300万円が集まりました。

 今回、接客に当たったのは、実行委員会のメンバーが運営するグループホームで暮らす人などです。男女約20人が交代で、支援者の中から抽選で選ばれたお客さんに料理を運びました。

 取材の申し込みは、60件以上に上ったと聞きます。私が取材した日は、ニューヨーク・タイムズ紙から中国中央電視台、カタールを拠点とする衛星テレビ局のアルジャジーラまで、海外メディアも多数、集まっていました。

ハプニングから笑顔の輪

「小海老とホタテのふわとろオムライス」。認知症の人が混乱しないよう、メーン料理は3種類に絞り、値段は1000円に統一した


 「認知症の人が接客するお店」という試みは、これまでにもいくつかありました。今回、ここまで注目されたのは、広報やイベントに精通した人々が企画に加わったことも大きいでしょうが、何よりも「間違いをむしろ楽しむ」という考え方が、多くの人の心をつかんだのではないかと感じます。

 この日は、立ちっぱなしで疲れたウェートレスさんに、女性のお客さんが「隣に座りませんか」と声をかけ、デザートのお菓子を一緒に食べる……なんて場面もあったそうです。わざと間違いを引き起こすような仕掛けは施していないのですが、主催者の予想を超えたハプニングから、たくさんの笑顔が生まれていました。

<次回に続く>

<前回に続く>

これでは、日本の温泉地を楽しみに来た外国人が何日も滞在したいと思うだろうか。また、日本人にも富裕層が増え、時間とカネに余裕のあるシニアが増えているが、こうした客が数日あるいは数週間にわたって滞在してこの地を楽しみ、多くのお金を落としていってくれるだろうか。

 たとえば温泉地の旅館はすべて宿泊オンリーにして、街の中心部に多種多様の温泉が楽しめるお風呂があり、食事は和食から洋食、ラーメンや居酒屋、バーがあって客が自由にその日の調子や好みで選択できる。こんな温泉地はないものか。宿泊オンリーならば旅館経営だってずいぶん楽になるはずだ。

リゾート地のホテルオーナーの嘆き

 先日訪ねた長野県白馬村のホテルオーナーの言葉が忘れられない。

「ここにスキーにやってくる外国人の大好物はなんだか知ってる? お好み焼きなのよ。せっかく1階にフレンチレストランがあるのに誰も食べやしないわ」

 相変わらず、旅行は「ハレ」の場であって、一泊二食を中心とした「ごちそう」シリーズという古ぼけた方程式を使い続ける日本の旅館に明日はないのである。

新しい日本旅館のかたちを…… ©iStock.com

↑このページのトップヘ