無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

ウイルス新時代を迎え日本の医療体制はどうあるべきかの議論が欠落している。田村氏の「病床を削減する地域医療構想を見直すべきだ。せめて新型コロナが完全に収束するまで停止するべきだ」との主張に加藤厚労相は「並行して将来に向けた対策も考えるのは当然だ」と拒否した。国の危機回避の為に何を優先しなければならないか、その優先順もつけられないほどに政治は硬直化している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感染拡大でも病床削減
地域医療構想 田村氏が撤回迫る

しんぶん赤旗2020.3.28
 日本共産党の田村智子副委員長は27日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスのさらなる感染拡大に備え、医療体制の整備費用を国が負担するよう求め、感染拡大のさなかでも病床を削減する地域医療構想の推進を自治体に指示する政府に対し、同構想の撤回を迫りました。

田村氏は、地域医療構想では、感染症患者を率先して受け入れる高度急性期や急性期の病床を5年後までに約20万床減らすよう求めていると指摘。病床整備が切迫して求められているのに「4日付の通知では“構想を具体化できるところはしてほしい”とわざわざ指示している」と批判しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京の認可保育園で職場環境の改善を求めて保育士がストライキを行った。介護・保育の現場では労働環境改善を求めてストライキを起こすことは極めて困難。高齢者や園児の命を預かる職場だけに、ストライキは禁じ手であった。しかし、昨今の介護、保育の現場の労働環境は極めて劣悪、このままでは人手不足は更に加速する。ユニオン加入、団体交渉にて労使対等の立場で職場を守る手立てを講じることも必要ではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギリギリ、いつ事故起きても…保育士ら異例のストライキ
asahi.com2020.3.27
 民間企業が運営する東京都三鷹市内の認可保育園で26日、保育環境の改善などを求めて保育士らがストライキを行った。市などによると、同日だけのストで、企業側は臨時のシフトを組んで運営を継続したという。認可園でのストは極めて異例だ。

 この保育園では、保育士ら10人以上が2月以降、保育業界などで働く人の労組「介護・保育ユニオン」に加入。「安心・安全な保育ができる人数がそろっていない」と企業側に人員補充などを求めてきた。ユニオンによると、企業側は今月半ば、団体交渉に応じたが、十分な回答を得られなかったとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

世界がコロナウイルスに戦略的に戦いを挑んでいる。オーストラリアでは検査体制を拡大し、まずはヘルス、高齢者、在宅のケア介護士全てが検査を受けられるようになった。コロナを防止するために何を優先すべきかの国家戦略を明確にしている。戦略なき国家は滅びる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「コロナウイルス防止に検査対象基準拡大を」
日豪プレス2020.3.26
 連邦政府は、国家コロナウイルス対策専門家パネルの勧告を受け入れ、検査を受けられる基準を拡大し、特定職業その他の条件の人で発熱、急性呼吸器系感染の人も受けられるようになる。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 まずヘルス、高齢者、在宅のケア介護士すべてが検査を受けられるようになった。さらに、地元保健局当局が指定する市中感染の頻度が高い地区の住民も検査を受けられるようになる。

 これまでに2件以上の感染症例で高リスクと考えられている条件として高齢者および在宅介護士、郡部および遠隔地のアボリジニ・トーレス諸島人コミュニティ、拘置所、刑務所、寄宿学校、住み込み宿泊施設のある軍基地などがある。また、3月25日、全国閣僚会議は、原因不明の熱と急性呼吸器系症状のある病院患者も担当医師の判断で検査を受けられるようになる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ