無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
豊かな高齢者社会の構築に向けて、日々尽きることの無い気付き、出会いを綴って参ります。

本日はパナソニック電工エイジフリーショップス様のご案内で、東京都の小平で 開設された狭小立地の高齢者住宅を見学しました。 都内ではなかなか土地の確保が難しい為にこれまで高額なものしかできません でした。今回は約70坪の狭小地に小規模多機能施設と併設高専賃ができました。 1階は小規模多機能(登録定員25名、通所15名、泊5室)と2階が4戸の高専賃 とお風呂、3階が同じく4戸とキッチン・食堂という構成になっています。 高専賃部分は事業主の立っての希望で大変低額に抑えておられます。 家賃5万、食費3万、管理費5000円で正にeL3となっています。 既に全室満室になっておられ、後は小規模多機能を以下に集客するかという 状況にあるようです。 土地を取得され、その上にこの3階建の高齢者住宅を建築されるという東京 ならではの事業展開ですが、経営的にはかなり厳しいのではないかと推察 されます。都内ではどうしても土地代が高くなりますので、土地込みで、となると どうしても高額の高齢者住宅にならざるを得ないという宿命を追っています。 今回は土地の取得は別として、建物は1億程度、内2500万が補助金の活用が 可能であったとのこと、それゆえの低価格だと思われます。都内では以前、 100坪前後の土地を近隣に2物件取得をし、片方を介護型としての機能をもって もう一方を自立型とする複合施設化を検討したことがありましたが、今回の 狭小地における開発をみて、改めてその可能性を再確認しました。 都内ではeL3を2棟建ててツイン型の高専賃の可能性を感じます。100坪も 2か所あれば十分に構成が出来るのではないでしょうか。そういう意味では 本日の見学は大いに参考になりました。

(前回の続き) 両者の共通点は、自立系の運営の問題でしょう。驚くことに自立系 の方々は入居3年でほぼ半数の方々が介護を利用するようになっているという 事実です。 完全自立の方々は自分の家でできるだけ過ごすのが普通でしょう。早めに 高額シニアマンションに移ってくる方々もおられますので、一概には言えません が、何らかの生活支援が必要、介護が必要、でもまだ老人ホームまでには という方々のニーズが増えているように思います。それ故に、介護付の高専賃 との連携が極めて重要になってくると言えるでしょう。 それと、自立型から介護型への移動はスムーズにはいかないということです。 介護が必要になるから介護型へ移動をする人は少なく、あくまでも自分のお部屋 で最後までという方々が多いという事実。介護は介護、自立は自立なのですが、 重要なポイントはそれぞれをつなぐインターフェイスとしての医療・介護・生活支援 の体制は形態を変えて、不可欠です。専門的なスタッフで構成された介護と医療 のプロがしっかりとアシストしつつ、それぞれが、つかず離れず、しかし、連携が取れ ているというスタイルが望ましいのではないでしょうか。 これからは都市型で縦にこの機能が伸びていくのと、ローカル型で面的にその 機能が広がっていくのと、色々な形をたどることになるでしょう。高齢者のADL の変化、ライフスタイルやケアの変化に対応する、進化する高齢者住宅や メディカルケアタウンの建設がこれからのテーマになるでしょう。

(前回の続き) 医療型高専賃が病院隣接が望ましいように、自立・介護の 複合施設もできるだけ近くに作るのがポイントでしょう。医療を中心にして介護、 介護を中心にして自立という同心円的にネットワークが掲載されていく。本来 神奈川ではこのネットワークを作るのが我々の目的でした。3年たってその構想が 徐々に実現してきているのではないでしょうか。 もう一つの高専賃は同じく神奈川の湘南台にあります。これは平塚のメディカル ケアタウンをもう少し、自立系の比率を大きくしたものです。 1階がグループホーム9室と小規模多機能居室4室という組み合わせで介護系 です。小規模多機能は今年に入ってから登録をしたようですが、まだこれか らでしょう。2階、3階が自立支援型28室、4階自立型13室となっています。 介護型13室、自立支援型28室、自立型13室となっています。これは介護系 13室に対して自立系41室の合計54室という構成です。1:3という比率に なります。 ここの面白いのは非常に多種多様な部屋構成がなされていることです。当然、 自立型ですので、部屋の規模は25㎡以上となっていますが、キッチンのついて いるものとつかないもの、お風呂のついているものとつかないもの。 コミュニケーションドアがあって、夫婦で住めるものといった具合に、 多様な種類の部屋で構成されています。 この高専賃も軌道に乗っております。外部とも交流があり開かれた高齢者 住宅になっています。

↑このページのトップヘ