先日ある方が、

「住宅型有料老人ホームや高専賃は重たい方は面倒が見切れないので、特定施設(介護付き有料老人ホーム)であれば福祉と関係があるので支援の対象となる。」

といわれました。

これはどういうことなのでしょうかね~。

これは自宅では重たい人はみてはいけいないということなのでしょうか?

これはもう、本当に時代に逆行するように思うのですが。

依然として居宅サービスとしての高齢者住宅と介護保険(施設サービス)が適応される入所施設との間の定義がなされていないように思うのです。
介護保険適応の施設というのは制度上、特別養護老人ホームと介護老人保健施設、療養病床の3つと定義されており、それ以外は居宅サービスの概念の中でくくられていると思うのですが、間違いでしょうか?
居宅サービスの括りのなかに、介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)もあれば、
住宅型有料老人ホームもある、高専賃もある、丸めで受け入れるのか、外付けで受け入れるのか、それだけの違いがあるだけで、

中で生活する方は重い人介護付き、軽い人は住宅型という定義はないはずなのだが。

自宅では重い人も軽い人もサポートする体制があるかないかの違いだけで、そこで生活していることに変わりはないはずである。
重い方も訪問介護を使い、それ以外は自費またはご家族のサポートで生活しておられるのであって、区分はないはずである。
サポートする体制があれば、どこでも同じではないかと思うのですがどうでしょうか?

どうも行政担当者の見解との間にギャップを感じます。

丸めの施設が総量規制にかかっている以上、外付けのケアを活用して在宅で重たくなっても面倒を見なければ、どこでお世話をせよというのでしょうか?

前回に引き続いて疑問である。

これはこれからの高齢者住宅を考えていく上で、大変重要な問題だと思いますね。