無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
豊かな高齢者社会の構築に向けて、日々尽きることの無い気付き、出会いを綴って参ります。

2012年06月

要介護認定、初の500万人突破 介護保険給付費7兆円と本日、新聞報道がなされています。

(朝日新聞)
2010年度末時点で、介護保険サービスの必要度を判断するための「要介護認定」を受けた人が506万人と、初めて500万人を超えた。介護保険サービスにかかった費用から利用者負担を除いた「給付費」も初めて7兆円を突破。厚生労働省が29日に集計結果を公表した。

要介護認定は、必要度が軽い順から要支援1~2、要介護1~5の7段階に分かれる。

厚労省によると、10年度末時点で認定を受けた人は、前年度末より22万人(4.5%)増加。制度が始まった00年度の約2倍になった。全体の6割を軽度(要支援1~要介護2)の人が占めた。

10年度の介護保険給付費は7兆2536億円で、前年度より5.6%増えた。高齢化で介護保険サービスを利用する人は今後も増える見込みで、厚労省は今年度の給付費は8.4兆円、25年度には19.8兆円になると試算している。

(日経新聞)
65歳以上人口に占める認定者数の割合も、前の年度より0.6ポイント高い16.9%と過去最高を更新した。介護が必要となる確率が高まる75歳以上の人口が増えているためだ。

都道府県別に65歳以上人口に占める認定者の割合をみると、最も高いのが長崎県で21.6%、次いで徳島県の21.1%、和歌山県の20.7%と、西日本の県が目立つ。逆に割合が最も低いのは埼玉県で13.2%。千葉県の13.6%、茨城県の13.7%も低かった。

「75歳以上の人口が多い県ほど、認定者の割合が高い」(老健課)という。
……………………………………………………………………………………………………………・・・・・・・・・・・・・・
これまでブログで述べてきましたように、やはりこれまでは医療も介護も西高東低だったのです。しかし、最もい低いと言われる埼玉県が、これからは75歳以上の高齢者の伸び率が全国で最も高くなるのです。埼玉県、千葉県、神奈川県といった首都圏の伸びが著しいのです。

高齢社会の問題は地方都市から大都市に移ってくることを忘れてはなりません。

本日は鳥取にて医療法人の取り組む高齢者住宅のコンサルに行って参りました。そのついでといっては何ですが、エルスリー鳥取に参番館の開発状況についてみてきました。写真にありますように、参番館と統一デイサービス建設の為の準備が着々と進行しつつあります。

昨年の6月に壱番館がオープンをして、最近1周年記念を行ったばかりですが、既に弐番館が今年の2月のオープンをし、いずれも満室の状況となっております。壱番館と弐番館を屋根でつないだ為に、今回の介護保険改正で、同一建物内に併設された訪問介護事業所、デイサービスが減額対象となってしまいました。

加えて、参番館をつくる段階で、不足するデイサービスの対策も必要なことから、全体の統一デイサービスを30人規模でつくることにしたもの
です。これまでは壱番館に併設にデイサービスを弐番館も利用するというスタイルでしたが、今回は統一デイサービスで全てを賄う計画です。そのために規模を大きくする予定です。

オーナーとの計画でも、四番館まで作る計画にしていますので、一つのシニアタウンが生れて参ります。デイサービス+訪問介護ステーションの管理棟を11月中にオープンをさせ、参番館は来年の2月オープン予定、四番館は来年9月のオープン予定となります。これで管理棟+デイサービスを中心に4棟、64戸の高齢者住宅群が生れることになります。
120629鳥取写真

本日は土浦の関東鉄道株式会社様の本社を訪問させて頂きました。7月1日にオープンをするエルスリー茨城鹿嶋の地域へのアピールについて協議をするためです。本日の協議で、正式に関東鉄道様のお名前を前面に押し出すことについてご了解を頂きました。

今回のエルスリー茨城鹿嶋はオーナーが関東鉄道様、運営者がエヌ・ビー・ラボということで、鉄道関係者との初めてのコラボレーション企画でした。関東鉄道様は遊休地の開発事業の一環として高齢者住宅を考えれておられ、我々は今後のコンパクトシティを形成する最良のパートナーとして取り組みを進めてきたものです。

とはいえ、今回のエルスリーは茨城県では初めての企画でしたので慎重にその推移をみて参りました。実際にオープン準備を進めて参りますと、西日本とは全く異なった市場の動きに我々も戸惑いを隠せませんでした。

そして、マーケティング活動を通して、高齢者の数は多いのに自宅以外の高齢者の住まいについてまだ市場が成熟していない状況が見えて参りました。やはり、西と東は違うのです。これまでも医療・介護はどちらかというと、西高東低の感がありましたが、その通りの内容であることを実感した次第です。

ならば、マーケットが成熟をするまえに我々が先鞭をつけようと、関東鉄道様との本格的なアピールを試みることにしたのです。

関東鉄道様とはエルスリーを鹿嶋にて2棟、真鍋にて2棟を展開することが決定しています。今後全面的な広報活動を展開することで、新しい高齢者の住宅の在り方を県内有数の企業である関東鉄道様と共に提案して参りたいと思います。
鹿嶋全体写真
鹿嶋内部写真 

本日は静岡県初のエルスリーである、清水壱番館の地鎮祭が清水市にて執り行われました。これまでのミカン園であった所を更地にして、新たに高齢者住宅立地として活用されることになりました。ここにエルスリーが2棟建設されます。

場所は大変好立地で、すぐ近くには小学校があります。地鎮祭の間にも、子供たちの声や楽器の音色が響いていました。ここに住まわれる高齢者の方々が日常、子供たちの声をききながら又、音楽を聴きながら過ごすことができます。 この子供たちの声が高齢者の耳を楽しませることになるでしょう。

今回の地主様の御紹介は地元の建設会社様と静岡銀行様のご支援により実現したものです。今回の小規模ローコスト型高齢者住宅エルスリーの進出により、静岡県でも新たな1ページが刻まれることになります。
清水1番館地鎮祭
地鎮祭写真2

昨日の求人は増えれど賃金は上がらずのテーマを追っかけておりましたら、みずほ総合研究所 経済調査部部長 矢野 和彦氏が今月号のみずほリサーチにて調査結果をレポートしておりました。大変参考になりますので、ご紹介をしておきます。

「個人消費が本格的に回復するには雇用とともに賃金の持ち直しが必要条件となる。しかし、賃金水準はいぜんとして低位に張り付いたままだ。加えて、日本では雇用と賃金をともに増やせる産業がほとんど存在していないという致命的な弱点がある。雇用とともに賃金・所得をどう増やせるかが、これからの課題だ。」と要約されています。

特に特筆すべきは、下記の「業種別雇用と賃金の変化(日米比較)」の図である。何故にこのような差となるのかがよくわかりません。構造問題というだけで片付けることができないように思います。

日本では雇用と賃金の両方を増やした産業は「情報・通信業」のみで、それも僅かな増加に留まっています。日本のサービス業は労働生産性が低いとしか言いようがありません。問題は分子を増やさねばならないということでしょうか。まだ五里霧中です。
雇用と賃金の変化(日米比較)

このページのトップヘ