無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

2012年06月

昨日に続いてメッセージの首都圏でのサービス付高齢者向け住宅の展開について調べてみました。内容は次の通りです。メッセージの戦略が見えてきます。

■都内のサービス付高齢者向け住宅の登録件数は30件。都内のサービス付高齢者向け住宅登録件数は98件であり、東京都の約3割を占める。

■メッセージの戸数は1330戸、1棟当たりの平均戸数は44戸であり、最小で21戸、最大で93戸となっている。

■居室の広さは25.17㎡~28.97㎡と全てサービス付高齢者向け住宅の標準の25㎡を超えている。

■居室には、トイレ、洗面、浴室、台所、収納の全てを備えている。

■家賃は90,000円~130,000円、共益費は10,000円、状況把握・生活相談は31,500円~75,600円、食費は統一して40,950円で合計すると183,950円~235,750円。

■平均規模の介護職配置はヘルパー2級以上が5人

■入居契約は賃貸借契約方式。

■入居者の資格
 ①単身高齢者世帯
 ②高齢者+同居者(配偶者/60歳以上の親族/要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族/特別な理由に  より同居させる必要があると知事が認める者)
   (「高齢者」とは、60歳以上の者または要介護・要支援認定を受けている60歳未満の者をいう。)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

社会保障制度改革推進法案骨子の中に次の内容があります。

二.基本的な考え方

1.自助、共助、公助の最適バランスに留意し、自立を家族、国民相互の助け合いの仕組みを通じて支援する。

…少子高齢化で自立機能や地域の共助の体制が弱まっています。最適バランスという聞こえの良い表現ではなく、その分配ルールを示すことが必要ではないでしょうか。

六.介護保険制度

政府は介護保険の保険給付の対象となる介護サービスの範囲の適正化等による介護サービスの効率化及び重点化を図るとともに、低所得者をはじめとして保険料に係る国民の負担の増大を抑制しつつ必要な介護サービスを確保する 

…「保険給付の対象となる介護サービスの範囲の適正化」という表現。軽度者や生活援助などの保険給付外しによる給付削減・縮小を狙っているといわれても仕方ありません。

最近の行政の動きはこの流れに沿うものと思われます。

住宅型有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅は自立型というイメージを作りつつあるのではないかと感じてしかたありません。その目的は、たった一つ。介護保険給付の抑制でしょう。とにかく、介護型の高齢者住宅は作りたくない。最近の行政の動きは顕著です。実態に沿った制度改革を求めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日はある方から標記の事業で好業績を上げているエスエムエスという会社を紹介されました。わが社の人材採用に参考になるのではというものでしたが、その中身を新聞より知り驚きました。

この事業を始めたきっかけは、「そもそも介護の人材紹介がなかった。それまでは地域ごとに折込チラシなど求人するしかなく、ネットを使った効率的な求人の需要が増えると考えた。看護師も医療の高度化に伴って絶対的に人手が不足しており、介護で培ったノウハウが生かせる」といって、2003年にこの会社を立ち上げられたものです。

前期の売上高経常利益率は20%と高い。その要因としては次のような点が挙げられています。

■看護師向けの人材紹介が収益の約7割を占める。

■他社がまねできないサービスを増やして競争力を高めている。看護師向けの通販会社を買収した。ナース服などは病院から支給されるが足りない。看護師のシフトは不規則なので利便性が高いサービスは受け入れられる。

■医療情報サイトの運営会社に出資し、看護師向けの出版社を買収。就職フェアも手掛け、運営ではなく、情報インフラ会社としてサービスを蓄積してきた。

■人材紹介だけでなく、インターネットを使って学ぶ「eラーニング」の収益も高い。

■介護保険の請求システムを自社開発し、一般的に月3万円程度かかるシステム料金を月1980円から提供している。

■会員の事業者数は1年で約2倍の7600まで増えた。2015年3月期までに給与計算サービスなど業務システムを整えて、収益を多様化させたい。

医療と介護の人材紹介というニッチながら需要が高い市場に着目をし、他社がまねできないサービスを多様化することで連続高収益企業を作り上げています。今や無借金経営で今期の売上高は3割増の109億円、経常利益は2割増の20億円を見込むといわれ、人材紹介以外の収益貢献が特徴といえます。

我が社の事業展開においても非常に参考になる企業です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日の日経の「経営の視点」の欄に、表記の記事が出ていました。デフレ勝ち組に異変が起きているというものです。ここにきて低価格ビジネスが勢いを失ってきており、その理由は何かが問われています。

長くデフレが続いた結果、消費者が安さに慣れ、価格プラスアルファの満足を求めているためと解説しています。

スーパー、ヤオコーの河野社長は「2つの見えない変化に対応する必要がある」と次のように話しています。

■変化とは、消費増税と少子高齢化だ。
増税で家計の負担は重くなる。大和総研の調べによると消費税率が5%上がると年収500万円の世帯は年間約17万円の支出増となり、低価格対応の重要性は今以上に高まる。

■一方、高齢化が進むと価格以上に質を求める消費者も増える。
高い商品が売れるわけだから企業にとってありがたく見えるが、そうとは言い切れない。商品説明や品ぞろえの拡充など運営コストも増えるからだ企業は両面作戦を強いられる格好で、従来の経営モデルでは限界がある。

■ヤオコーは同業のライフコーポレーションと業務提携した。仕入の共有化による規模のメリットを追求するとともに「現時点で自分たちには見えていない弱点を補う」のが狙いという。消費増税後、個人消費の動きはさらに不透明となる。新たな再編を引き起こす予感がする。

より低価格を、そしてより品質をという二律背反のテーマに我々は取り組まねばなりません。安いだけでは勝負にならない時代、それを消費増税と高齢化が加速度化するとみられています。我々もその対応を急がねばなりません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6月5日の高齢者住宅新聞にジャーナリスト(元日本経済新聞編集委員)の浅川 澄一氏が『点検 介護保険のコーナー』で見出しの記事を書いておられます。その内容は、5月23日にサービス付高齢者向け住宅(サ付住宅)を推進する「サービス付高齢者向け住宅協会」が主催する第3回サ住協研究大会における官と民の入居者像の差を浮き彫りにするものです。

官(国土交通省住宅局安心居住推進課)はサ付住宅の入居者は中程度所得者で、かつ要介護度は「虚弱~要支援」を主にし、せいぜい要介護度1止まりとの認識を示したようです。サ付住宅に入居して要介護度が高まれば介護保険3施設と有料老人ホームに移ることを示唆しているというものです。

これに対してサ付住宅最大手のメッセージからは入居者の内、要介護3以上の中重度者が23%もいると具体的な数字をあげて反論があったようです。

「自立や軽度者向けのサ付住宅」とする国の考え方は自治体に波及し、同室にキッチンや風呂場がないサ付住宅にはそれらを「過剰」に備えるような細かなローカルルールが発生していることを浅川氏も指摘しています。

我々が日頃感じていることです。主なローカルルールとして浅川紙は次の事例を挙げておられます。

・神奈川県…入居者70人ならコンロを9口、シンクは3カ所必要。4つのカランを備えた共同浴室と個浴室が各1つ必要。
・千葉県…8室に対して1組の台所が必要。しかも2口以上のコンロが必要。
・その他、サ付住宅には自立者が多く、自炊ができる態勢にすべき等々。

浅川氏は「こうした考えはあまりに現場を見ない短絡的な思考回路」と批判をしておられます。その通りだと思います。

「在宅サービスや訪問看護、訪問診療をきちんと投入すれば重度者対応や見取りも可能なはずである」と訴えているのです…これも現場から見れば当然のことです。

『入居者は老人であり、要介護度は年々確実に高まる。それでも、同じ地域や住宅で暮らし続けるのが「地域包括ケア」の本位であろう。退院直後の医療ケアが必要な高齢者も受け入れるのが地域包括ケアである。自立者や軽度者向けに特化すれば、入居者を遠隔地への転居や病院死に追いやってしまい、地域包括ケアに反するであろう』

…浅川紙のこの意見に大賛成です。

今問題になっているのは、重度化したときに受け入れてくれる施設が不足しているのです。そこに蓋をしていて、サ高住を自立型であるとする見解はあまりに現場を見ない考えではないでしょうか。従来の施設に頼れない今、サ高住に期待されているのは自立型、介護型、医療型、ホスピス型という幅広い高齢者の受け皿づくりなのです。そのモデルをつくるのに民間はどれだけの苦労をしているか知っているのでしょうか? 官の考えはあまりに短絡的!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ