無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
豊かな高齢者社会の構築に向けて、日々尽きることの無い気付き、出会いを綴って参ります。

2012年08月

パート・アルバイトの時給が上昇しているという報道がなされました。(2012年8月23日 日経新聞)

消費復調で求人増が顕著になっています。我々介護事業者も例外ではありません。企業の景気が良くなれば介護事業に人が集まらない、これは従来の傾向ですが、ここにきて消費回復により小売、サービス業において人材の募集が相次いでいます。<時給アップや新しいインセンティブを考えねば採用ができない時代となっています。どのように雇用革命を起こすか心労の絶えない日々が続きます。
…………………………………………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■震災後の消費の復調で小売企業などの新規出店が増え、求人数が伸びているのが原因だ。人手が集まりにくいことから、外食チェーンやスーパーは待遇改善などの囲い込みに動いている。

牛丼店「すき屋」は8月から東海地区の約200店で、全パート従業員の時給を50円程度上げた日中の勤務は1時間870円から920円になった。一気に50円上げるのは異例だが、同地区のパート集めは他店や自動車工場などとの間で競争となっており、「10円や20円ではインパクトがない」と判断した。

■厚生労働省によると、パートの所定内給与は2月以降、5カ月連続で前年同月を1%強上回る
。消費の拡大などで経済活動が増え、人手不足が表面化している。パートの求人数は6月に68万人と昨年4月より10万人増えたが、求職数は横ばい。有効求人倍率は昨年4月の0.86倍から昨年は1.12倍まで上昇した。正社員は同月に0.72倍と、パート需要の膨らみが目立つ。

■大手コンビニエンスストア5社が12年度に過去最多の出店を予定するなど、小売業や外食の出店意欲が旺盛だが、店舗従業員の8~9割はパート・アルバイト。低コスト運営維持のため、企業は正社員比率を上げることに慎重だ。

■「消費関連企業でパートの奪い合いが起きている」(みずほ総合研究所)。飲食業の6月のパート・アルバイトの募集平均時給(三大都市圏)は916円と前年同月比13円上昇した。

■広告費3割増。流通各社は要員の確保に必死だ。
・大手スーパーのマルエツは7月、小売店20店舗のパート合同面接会を開いた。
・首都圏中堅コンビニは大手に知名度が劣るため、求人誌などへの募集広告費を昨年より3割増やした。

高齢者住宅新聞から【全国トップ3】介護施設・高齢者住宅 運営居室数ランキング2012が発表されました。昨日に続きランキング第3位のニチイ学館の状況を最後にご紹介します。
(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2012年8月5日号)
これまでの内容をみてわかりますように、上位3位は旧モデルの介護型有料老人ホームやグループホームに大きく依存をしているのがわかります。メッセージは積極的に新モデルへ転換を図っているように思います。
これからの新モデルの開発如何により勢力地図は大きく変わっていくことになるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
順位 3位2011年順位 3位
法人名 ニチイ学館所在地 東京都千代田区
代表者名 齊藤正俊社長
総件数 346件
総居室数 10,466室


主なブランド名 ニチイケアセンター、ニチイホーム等

介護付有料老人ホーム(件数) 197件
介護付有料老人ホーム(居室数) 5843室

住宅型有料老人ホーム(件数) 2件
住宅型有料老人ホーム(居室数) 100件
グループホーム(件数) 243件
グループホーム(居室数) 4337室

他の高齢者住宅
(高専賃・分譲マンションなど)(件数) 3件
他の高齢者住宅
(高専賃・分譲マンションなど)(居室数) 126室
関連法人施設居室数(件数) 1件
関連法人施設居室数(居室数) 60室
売上高 2573億4000万円(連結・平成24年3月期)

備考 <居宅含め総合戦略>介護付有料老人ホーム、グループホームなど29棟1100室以上増加し1万室を突破。在宅介護部門は訪問介護事業所を約40ヵ所、デイサービスを20ヵ所以上拡大。居宅サービス利用者は約13万9000人(平成24年6月時点、ケアプラン除く)

高齢者住宅新聞から【全国トップ3】介護施設・高齢者住宅 運営居室数ランキング2012が発表されました。昨日に続きランキング第2位のベネッセの状況を紹介します。
(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2012年8月5日号)

………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
順位 2位2011年順位 1位
法人名 ベネッセホールディングスグループ
所在地 東京都渋谷区
代表者名 小林仁社長
総件数 225件
総居室数 11,644室


主なブランド名 アリア、グラニー&グランダ、くらら、まどか、ボンセジュール
介護付有料老人ホーム(件数) 209件
介護付有料老人ホーム(居室数) 10974室

住宅型有料老人ホーム(件数) 13件
住宅型有料老人ホーム(居室数) 602室
グループホーム(件数) 2件
グループホーム(居室数) 18室
関連法人の施設数(件数) 1件
関連法人の施設数(居室数) 50室

売上高 665億3900万円(平成24年3月期)

備考 <カンパニー制導入>有料老人ホームの運営が主力。今回も介護付有料老人ホームを中心に17棟・約900室開設。今後は住宅型有料老人ホームの開設も増加。今年4月にグループのボンセジュールをベネッセスタイルケアに合併。またエリアごとに開発を行うカンパニー制を導入

高齢者住宅新聞から【全国トップ3】介護施設・高齢者住宅 運営居室数ランキング2012が発表されました。(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2012年8月5日号)

毎年恒例となった高齢者住宅・施設運営会社の運営居室数ランキングと題して下記のデータが公表されました。今回はランキング第1位のメッセージの状況を紹介しておきます。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■今回は昨年より50法人増え400法人の事業者を取り上げた。 上位企業は1000室から2000室程度、順調に運営施設を拡大。3位のニチイ学館までが1万室を突破した。

■中位や下位ではサービス付き高齢者向け住宅創設により建設会社・不動産会社系が目覚ましい躍進を遂げている。大手企業によるM&Aで大幅な入れ替わりも目立った。今後の大変動を予感させる調査結果となった。

■<ランキング表の見方>  総件数・総居室数は有料老人ホーム(介護付・住宅型・健康型)、認知症対応型グループホーム、その他の高齢者住宅(サービス付き高齢者向け住宅・分譲型シニアマンションなど)、関連法人施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設・ケアハウスなど)の合計。 多床室(2・4・6人部屋など)は1室と計算。数字は2012年8月末時点の開設数。4位以上の総件数・室数の内訳は、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、その他の高齢者住宅のみ表示。平成24年6月から7月にかけて高齢者住宅新聞が独自に調査した。

順位 1位 2011年順位 2位
法人名 メッセージ 所在地 岡山県岡山市
代表者名 古江博社長
総件数 235件
総居室数 12,648室

主なブランド名 アミーユ、アミーユレジデンス、Cアミーユ、
介護付有料老人ホーム(件数) 183件
介護付有料老人ホーム(居室数) 9694室
住宅型有料老人ホーム(件数) 1件
住宅型有料老人ホーム(居室数) 39室
グループホーム(件数) 15件
グループホーム(居室数) 306室
その他の高齢者住宅
(高専賃・分譲マンションなど)(件数) 36件
その他の高齢者住宅
(高専賃・分譲マンションなど)(居室数) 2609室
関連法人施設居室数(件数) ―件
関連法人施設居室数(居室数) ―室
売上高 386億3258万円(平成24年3月期)
備考 <サービス付き高齢者向け住宅主体に>昨年の2位から1位に返り咲き。数字は今年3月に傘下入りしたジャパンケアサービスとの合算。有料老人ホーム28棟、サービス付き高齢者向け住宅15棟の合計2200室以上伸びた。来年3月末までに30棟以上のサービス付き高齢者向け住宅開設を予定

8月19日NHKニュースにて下記の内容が報道されました。どこも同じですね。完全に慢性的な人手不足になってきています。
通常通りの方法で正社員やフルタイムパートを採用することは困難となりつつあります。前々から温めている多様就労型ワークシエアリングのシステムを早急に作らねばなりません。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
介護サービスを提供している事業所のうち、半数以上が「介護する職員が不足している」と感じていて、依然として人材の確保が課題となっていることが介護現場の実態調査で分かりました。

この調査は、厚生労働省所管の財団法人「介護労働安定センター」が、去年10月、全国のおよそ1万7000の介護事業所を対象に行ったもので、40%余りから回答がありました。

それによりますと、「介護現場で働く職員が不足している」と感じている事業所は53%で、前の年に比べて3ポイント増えました。

理由を複数回答で聞いたところ、募集しても良い人材が集まらないなど、「採用が困難」が66%、「定着率が低い」が20%などとなっています。

また、去年9月までの1年間に介護の仕事を辞めたり、別の職場に移ったりした人の割合を示す離職率は16%で、前の年より2ポイント改善しましたが離職した人の76%は勤務年数が3年未満と短いことが分かりました。

調査委員会のメンバーで、日本介護福祉士会の田中雅子名誉会長は
「団塊の世代が75歳になる10数年後までに、あと100万人介護の人材が必要だ。能力が高い職員の育成と職場への定着のための対策や、資格がありながら介護現場を離れている人たちへの再教育など、国の継続的な支援が不可欠だ」
と話しています。

↑このページのトップヘ