無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

2013年11月

昨日の新聞に厚生労働省は介護保険制度の改革案が27日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の介護保険部会で大筋了解されたのを受け、法制化に向けた動きを加速するという記事が出ていました。

2015年度からの改革となりますが、介護保険始まって以来の大きな改革になりそうです。介護事業に及ぼす影響は決して小さなものではありません。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■介護費の自己負担を1割から2割に引き上げる所得基準では、夫婦の年収で350万円以上とする案を軸に今後与党と調整。来年の通常国会への介護保険法改正案提出、2015年4月の実施を目指す。

■厚労省は介護保険部会に①年間の年金収入が単身で280万円以上、夫婦で359万円以上 ②同290万円以上、369万円以上の2つの案を提示。27日に大筋でまとめた同部会の意見書は、①の案が最有力とみられる書きぶりとなった。同案による法制化に向け、与党との調整を急ぐ。

■①の案では高齢者全体の20%が自己負担引き上げの対象となり、給付膨張を抑える改革の効果が大きい。ただ意見書には対象者数がより少なくなる②の案や、夫婦年収380万円以上で線引きする意見なども併記。調整の過程で改革が後退する懸念が残る。

※介護保健制度改革の要点
1.自己負担2割上げ・・・夫婦年収359万円以上対象で調整
2.特養ホーム入所制限・・・要介護1~2は新規入所認めず、例外も
3.特養入所者の食費など補助打ち切り・・・夫婦で預貯金など金融資産2000万円以上対象
4.軽度者向け介護予防サービスの市町村移管・・・デイサービスなどに限定、費用に上限

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日は「ひたち野うしく」にてエルスリーの地鎮祭がありました(別紙写真)。ひたち野うしく駅から車で5分程度の場所にエルスリーが5棟誕生します。この土地のオーナーは関東鉄道(株)様で約1500坪の広さがあります。ここに5棟のエルスリーが誕生します。エルスリー村、シニアタウンといった内容となります。

現在、同様の複数棟のエルスリーは、鳥取県に5棟のエルスリー鳥取、福岡県久留米市に4棟のエルスリー久留米が既に誕生しております。現在、茨城県取手に6棟のエルスリー茨城取手が開発途中にありますので、それに続く4番目のエルスリー
村になります。

関東鉄道様には既に鹿島で2棟、真壁で2棟、計4棟の開発を頂き、弊社が運営をさせて頂いております。今回の5棟のシニアタウンを含めると計9棟のエルスリーを建てて頂くことになります。ますます関係が深くなって参ります。 

関東鉄道様とのコラボレーションは今後、地域における鉄道関係者との連携によるシニアタウン開発として注目を浴びることになるでしょう。 
 牛久③牛久④牛久写真① 牛久②
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ある方からのご紹介で、シルバー新報に掲載されていました見出しの記事に注目しています。紹介をしておきます。

我々は既に下記の内容を高齢者住宅(エルスリー)にて実践していることになりますが、今後はエルスリーから更に在宅へのアプローチが期待されます。十分にニーズがあるものと思われます。
……………………………………………………………………………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
千葉県内に拠点を置く食品メーカー10社は19日から、千葉県ホームヘルパー協議会と共同で在宅の高齢者向けの食事宅配サービスを開始した。

各社が製造・販売するレトルト食品やお惣菜などの食品を組み合わせ、ヘルパーを介して届ける仕組みだ。

生活援助の時間短縮で短時間でサービスを提供しなければなくなったヘルパーの買い物や調理の負担軽減を図る。新たな販路の拡大により、将来的には規格外で処分される農水産物を減らせる可能性もあるという。

昨年4月の介護報酬改定で長時間の生活援助サービスがしづらくなったことで、買い物や調理が十分にできなくなったヘルパーの悩みが顕在化。ヘルパーを介した食事宅配サービスを事業化し、買い物支援を糸口に将来的な農水産業の活性化を目指すことになったという。

献立として届けられる食事は50種類で単品でも200種類。カタログから選び、ヘルパーを介して注文する。商品はヘルパーステーションや自宅に届けられ、訪問時にヘルパーが持っていく仕組みだ。

19日から試験的に10人の高齢者に利用してもらい、物流や支払方法などを検証する。年明け以降に本格的に実施する見込みだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シャープは何故失速したのかという記事が出ていました。テレビという製品の設計がインテグラル(すり合わせ)型からモジュラー(組み合わせ)型に変化したことに対応できなかったからだといわれます。

エルスリーは小規模多機能、低価格であるがゆえに規模の論理とスピードを追及してゆかねば、その効果、影響力を高めることはできません。我々の発想をインテグラル型からモジュラー型へとチェンジをさせ、全体的なコスト競争力とスピードを確保せねばなりません。

エルスリーをインテグラル型からモジュラー型に切り替えて参ります。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■インテグラル型では、部品と機能との関係が複雑なため、メーカーの部品部門と完成品部門が濃密な調整をする。垂直的統合型の日本の企業は部門間の情報交換(すり合わせ)が伝統的に得意だった。系列取引の効果もあり、特殊な設備投資、技術開発、教育投資も適切だった。日本企業はインテグラル型に適していた。

■ところが半導体、ソフトウエアの進歩で、テレビの設計もモジュラー型に変わってきた。同型では、それぞれの部品に対応する機能が決まっており部品間のインターフェイス(接続)が標準化するので、独自に開発された部品を集めて組み立てても優れた製品ができる。これでは日本企業の得意技は生かされない。

■標準化によって取引費用が低下したので、生産費用の差が相対的に重要となり、外部委託が選ばれるようになった。モジュラー型への対応策の一つは、外部委託を取り入れ、コスト競争力高めることだ。

■そして、コスト競争力だけではなく、魅力的な製品を考え出す能力が不可欠となる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は四国の医療法人の皆さんとの会合に出席をさせて頂きました。究極のローカルモデルについて考えさせられました。

高齢化率40%、人口約1万5000人、有効求人倍率0.68、事業所の産業分類別の従業者数の構成比率を見ると、医療・福祉が16.7%と最も高く、次いで、卸売業・小売業が14.9%、製造業の9.9%となっています。

果たして、この環境下で小規模低価格型高齢者住宅エルスリーが成立できるかどうかを真剣に考えてみたいと思います。

これだけの高齢化の進んだ街ですので、大手の企業が進出をしてくるものでもありません。当然、医療・福祉が産業の中核となるという構図です。

高齢化率が高く、有効求人倍率が低いというのは高齢者事業を手掛けるものにとっては願ってもない状況であります。要は対象となる高齢者も多く、その担い手の雇用も可能性あるということになります。

問題は、地元の医療・福祉関係の方々との共存ができるかということと、思うように雇用ができるかということかと思います。この2つがクリアーされると、立派なローカルモデルができることになります。

地元の医療関係者の方々とこのモデルについて検証をして参りたいと思います。医療の全面的なバックアップが得られ、連携モデルができれば、十分に可能性があるのではないかと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ