後期高齢者の医療依存度の高さを裏付けるデータが出ています。高齢者の生活に医療は不可欠の様相を呈しています。参考までに下記により報告をしておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[医療費] 後期高齢者では、受診率の高さが医療費高騰の要因

(厚労省2010年12月22日 提供:WIC REPORT(厚生政策情報センター) 後期高齢者医療費の特性(12/21)《厚労省》

厚生労働省は12月21日に、後期高齢者医療費の特性について公表した。これは、平成20年度における若人(75歳未満)と後期高齢者(75歳以上)の医療費を比較・分析したもの。

後期高齢者の1人当たり診療費は85.2万円、若人の18.2万円と比べて4.7倍となっている。とくに入院では7.2倍(後期高齢者43.1万円、若人6.0万円)と、格差の大きなことが分かる。

また、医療費の三要素(受診率、1件当たり受診日数、1日当たり診療費)に分解して比較すると、後期高齢者では、若人に比べて受診率が高いことが如実に表れている。
外来では2.5倍、入院では6.6倍だ。さらに、1年間の受診頻度を示す1人当たり日数を比較すると、若人に比べて外来で3.3倍、入院で9.1倍という状況である。

こうした結果から、受診率の高さが高齢者医療費を押し上げる主因であることが伺える。