本日の日経に注目の24時間訪問介護サービスの記事が載っていました。

 厚生労働省は2012年度に導入する24時間訪問介護サービスの概要を固めたようです。市町村がサービス事業者を指定し、利用者は原則その市町村の住民に限定する。地域に合ったサービスを提供し、単身者などの在宅生活を支援するのが狙いとしています。

全ての要介護者を対象とする。24時間訪問介護サービスは自宅暮らしの人を1日に複数回、定期訪問したうえで、利用者が必要とする時に訪問することになります。同サービスの仕組みを検討している有識者会議が近くまとめる最終報告書に盛り込むことになっています。

介護保険制度では住民に身近なサービスの事業者は市町村、それ以外の事業者は都道府県が指定権限を持つ。24時間訪問介護サービスは地域に密着したサービスと位置づけ、都道府県ではなく市町村が指定権限を持つこととしています。

利用者は当初は要介護3以上の高齢者を対象にする方向でしたが、要介護1.2の人も1日複数回のサービスが必要と判断されたようです。問題は、そのプランの作り方とそれに伴う報酬体系ですね。