本日は6月26日に鳥取でオープンをしましたエルスリー鳥取の第一回目ご家族懇談会と夏祭りが開催されました。オープン2ヶ月でご家族懇談会と夏祭りが行われるということはかつてなかった出来事です。旧モデルの高齢者住宅の場合にはどうしても一定のご入居者を確保するまでにこ一年かかるケースがほとんどで、ある程度のご入居者が確保できないとなかなかそのような行事もできませんでした。

ところが今回のエルスリー鳥取はオープン前の内覧会の段階でほぼご入居者が埋まりましたので、2ヶ月でもこのような行事が開催されることになったのです。全てはスピードといえましょうか。

開発~オープンまでに半年、そしてオープンと同時にご入居、半年もしないうちに事業を軌道に乗せることができたなら、どれだけの高齢者の受け皿になることでしょう。

本日の懇談会でも、ご家族から敷地内にある建物の一部撤去が始まっていることから、次のエルスリーができているのですかという質問がありました。実はこれは2棟目ではなく、3棟目の準備に既に入っているのです。2棟目は既に用地も決まり、図面ができておりますので、9月中には着工となります。オープンして半年後にはもう1棟の計画をと当初いっておりましたが、オープンと同時に次の準備に入っております。順調にいけば来年1月には2棟目がオープンとなります。

本日の夏祭りにおいては鳥取大学のボランティアの学生さんが色々な催しを行って頂きました。わずか2ヶ月で地域の方々とこのような催しができることは奇跡に近いものではないでしょうか。ご家族の方々、ご近所の方々のご参加を頂き、楽しいひと時をご利用者と一緒に過ごさせて頂きました。大変感謝であります。

2棟目、3棟目となれば、一つにシニアタウンが生まれてきます。より地域の方々とのふれあいを大切にして、皆さんと共に地域を支えて参りたいと思います。本日は皆さん、ありがとうございました。