以前日経の大機小機に「キャッシュ・イズ・キング」という記事が載っていました。

パナソニックの創業者、松下幸之助氏は大切な教えの一つに「経営はお金だ」という考えがある。一時的に投資などで減ることはあっても、最終的にお金がたまっていかない経営はどこかおかしいというものであるというものです。

「2008年のリーマン・ショック以降、企業経営の価値観は「キャッシュ・イズ・キング」に大きく変化してきた。お金を生み出す事業を育てるには現状を常に改革し、ビジネスモデルを効果あるものに変革していく必要がある。

その根底にあるものが、貸借対照表(バランスシート=BS)を軸にした経営である。経営革新は損益計算書(PL)からは生まれてこない。PLから生まれるのは改善にすぎず、抜本的に企業体質を変化させるには、トップが主導しBSの構造を変えていることが不可欠である。

いかなる事業、いかなる地域においても、経営理念とともにバランスシート中心の経営は、いつの時代も不変の要諦である。」

固定資産よりも流動資産、他人資本よりも自己資本、流動負債よりも流動資産によるキャッシュフロー経営を行わねばなりません。金融機関に大きく依存できない時代であるが故に、足腰の強い経営をおこなっていくうえで、不可欠の戦略といえます。