政府は、安価な新型の介護ロボット普及に乗り出す・・・漸くこの分野への取り組みが強化されるようです。日本の高いロボット技術を駆使してもっと数多くの介護ロボットの開発を促してもらいたいものです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

要介護者が歩くのを支えたり、高齢者を抱える介護職員の負担を軽くしたりするなど、機能を絞った10万円程度のロボットの開発を促す。さらに、介護保険の対象を広げ、これらのロボットを月数百円でレンタルできるようにする。政府は、普及策を6月にまとめる成長戦略の柱と位置づけ、介護職員不足の緩和や新産業の育成につなげる方針だ。

政府が普及を促すのは、
〈1〉介護する人が高齢者らを抱え上げる時の負担を減らす
〈2〉高齢者らが自分で歩くのを支える
〈3〉排せつ時の支え
〈4〉認知症の人を見守るシステム――の4分野のロボット

だ。政府は今年度から、これらのロボットを開発する企業などに開発・研究費の半額~3分の2程度の補助金を出す。補助金総額は今年度だけで約24億円。

(2013年4月28日11時29分 読売新聞)