本日、関西圏で初めて小規模低価格型高齢者住宅エルスリーが誕生することになりました。

これまで、低価格型高齢者住宅が乱立する大阪を避けるようにしてきたエルスリーですが、漸く、大阪を取り巻く周辺での開発ができるようになりつつあります。

今回は関西で始めて、京都で開発を行う運びになりました。中国・九州・四国地区から出発し、関西を飛ばして中部・東海圏、そして、関東圏と開発を進めて参りましたが、間の関西が抜けていましたので、いよいよこれから、その穴を埋めるべく開発着手となります。

しかし、関東圏同様、しばらくは東京、大阪を取り巻くエリアからの開発になりそうです。京都に拠点ができれば、滋賀県、兵庫県、奈良県が視野に入ってきます。

本日も京都での契約を終えた後、兵庫県の医療法人様との勉強会に出席をさせて頂きましたが、かなり活発に動いておられます。地域の皆様の関心も高いものがあります。

いつものように中心部を外して、周辺から攻めていきたいと考えております。