<前回に続く>

◇医療と介護連携 
−在宅療養に向けての看護師や理学療法士の役割は。

 ◆これらのスタッフの役割は非常に大切です。患者さんと一番身近に接しているスタッフですので、患者さんのことをよく知っています。特に看護師は患者さんやお見舞いに来られた家族とも話す機会は多く、患者さんがどのような仕事をしているかなど社会的な側面も詳しく聞くことができます。さらに家族との話からは家庭での患者さんの様子や近所付き合いなどを知ることができ、退院後の生活の具体的なイメージが描けます。

 また、看護師や理学療法士、作業療法士は退院までに患者さんの自宅を何度か訪問し、安全、快適に生活するにはどのようにするのがいいかを検討します。患者さんに身体的障害が残っているときには、どのようにリフォームするのがいいのかをアドバイスできます。また、患者さんの自宅を見ることで退院後にどのような環境で生活するのかが具体的にわかるため、理学療法士や作業療法士がリハビリ計画を立てるうえで役立っています。

 −退院後の生活の支援はあるのですか。

 ◆院内の医療ソーシャルワーカーが患者さんの自宅から近い医療機関を探したり、経済的な支援が必要なときには生活保護や医療費の補助制度など活用できる社会資源を紹介、手続きの手伝いをします。

 −退院後は病院の主治医が往診するのですか。

 ◆残念ながら往診は行っておりません。往診が必要な場合には、患者さんの自宅近くの医療機関やかかりつけ医に紹介しています。院内で地域の医療関係者向けに講習会や講演会を開いていますので、紹介先の医師が来られたときは患者さんの様子を聞き、できるだけ現状を把握するようにしています。また、困ったことがあればいつでも相談にのっています。

 −病棟が開設されてからどのような患者さんが多いですか。

 ◆脳卒中や大腿(だいたい)部の骨折、認知症などの患者さんはもちろんですが、肺炎の患者さんも多いですね。この地域は高齢者が多く、「ちょっと食事がとりにくい」などで受診されて、検査すると肺炎だったということもあります。高齢者が肺炎で入院すると、数日で廃用症候群となってしまい、リハビリをしても元に戻るのに時間がかかります。そのような場合に「地域包括ケア病棟」を利用していただきます。

<次回に続く>