厚生労働省は訪問介護・看護サービスを24時間提供できる仕組みを 2012年度に創設する方針のようです。 近く有識者で構成する検討会を立ち上げ、24時間サービスに必要な 報酬体系の在り方や人員配置基準を話し合うとのことですが、何故に そんなに時間がかかるのでしょうか? 12年度の介護報酬改定に反映させるべく、夜間や緊急時の介護・ 看護ニーズに対応できるようにして、高齢者が安心して暮らせる 介護体制を整備するのが目的のようですが、何故に必要なものを もっと前倒しをしないのでしょうか? 現行制度にも、夜間の訪問介護と昼間の訪問介護・看護のメニュー はありますが、報酬体系と人員配置基準が異なるために、これらを 統一した報酬体系を作り、24時間の訪問介護・看護を提供できる 仕組みとする方針です。 外部サービス型の高齢者住宅の場合、どうしても、通常のサービス だけではご利用者が満足のいくサービスを得るのは難しくなります。 介護保険サービスと保険外のサービスを四苦八苦しながら組み立て をしているのが現状です。 丸めの施設ではなく、外部付けで切れ目のない介護サービス体系 をつくろうとすると、上記の制度改正は不可欠ではないでしょうか。 そのためにももっと速やかな制度の改正が望まれます。現場の声を もっと聞いた上で、ハイスピードの改革をお願いしたいと思います。