下記の記事が載っていました。都内の高齢者で行くところがないというものです。エルスリーは首都圏の高齢者でも介護保険1割負担を含め、最も重い方でも月額15万円以内で入れる高齢者住宅の提供をしております。決して自立型ではありません、最後まで看取りを行うことのできる介護型の高齢者住宅の提供を首都圏周辺で展開しております。是非、お問い合わせ下さい。

都内:葛飾区

千葉:柏

茨城:取手、龍ヶ崎、牛久

その他群馬県でも展開しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家族での介護は限界、特養は2年待ち…どうすれば?

2015.07.20

連載:終活Q&A

Q.介護は限界。特養は2年待ち。どうすればいい?  A.住んでいる地域以外にも目を向けて。  「母の認知症がひどくなってきて、家族では介護しきれなくなってきました。老人ホームに預けたいのですが、家計もギリギリ。特養(特別養護老人ホーム)を探しているのですが、2年待ちといわれてしまいました」  こう話すのは都内在住のAさん。なるほど、自治体や社会福祉法人などが運営する公的な施設である特養は、民間施設の月額利用料15万-30万円に対して、5万-15万円程度で利用できるとあって人気が殺到。しかも、早いもの順というわけでもなく、重度の要介護、あるいは、緊急性の高い者が優先されるため、1年、2年待ちでも良い方といわれている。  そんな状況を踏まえ、少しでも早めの入所をというなら、まめに施設の生活相談員と連絡を取り、自身の困窮具合をアピールしておくのも有効。  特養は公的な特性からか、住民票のある地域でしか利用できないと考えている人も多いが、全国どこでも入所申し込みができる施設もある。競争率の高い都内にこだわらず他県で探してみるのも手だろう。  ただし、いずれにしろ、「来週から」というほどすぐに入所できることはまずない。疲弊しきってから探すのではなく、日頃からアンテナを張っておくことが重要だ。  入所までの期間はデイサービスやショートステイを利用して、うまくガス抜きしながら、精神衛生を保つようにしたい。