赤字施設が28%に 認知症GHの2013年度経営状況―福祉医療機構

(ケアマネジメントオンライン 2015/07/30 )

グループホームの経営実績が報告されています。こちらも人件費の増により赤字が拡大しているようです。約3割が赤字経営となっています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 福祉医療機構(WAM)は7月29日、2013年度の認知症高齢者グループホーム(GH)の経営状況に関する分析結果を公表した。 同機構の貸付先で、開設後1年以上経過し、社会福祉法人新会計基準を採択している全国の468施設の経営状況を分析した。

内訳は、開設後1年以上5年未満が18%、開設後5年以上10年未満が32%、開設後10年以上経過が50%。GHを単独で設置している施設(単独型)は44%で、他事業と併設している施設(併設型)は56%であった。

利用者の平均要介護度は2.68で、前年度の2.73からやや下がった。 平均入所利用率は96.7%で、前年度の平均入所利用率95.9%から0.8ポイント上昇した。 収支状況は、前年度と比較して、サービス活動収益は増加したが、それ以上にサービス活動費用が増加し、増収減益となった。要因としては人件費の上昇が考えられるという。

赤字施設の割合は前年度の22%から拡大し、全体の28%を占めた。

赤字施設と黒字施設の入所定員数を比較すると、前者は12.9人、後者は15.0人であり、赤字施設のほうが定員の規模が小さい。ところが赤字施設の人件費率は78.9%、経費率は14.4%で、黒字施設に対して人件費率で14.0ポイント、経費率で2.0ポイント上回る。

つまり、赤字施設は収益に対する人件費および経費などの費用が、黒字施設よりも高い水準であることが、赤字の要因であるとみられる。 特に赤字施設で人件費が高い理由は、給与の高い看護師の人件費が影響していると考えられる。 経営状況について、定員が9名までの1ユニットと18名までの2ユニットとで比較すると、人件費単価に大きな差はなかった。しかし入所者10人あたり従事者数は、1ユニットが9.26人、2ユニットが8.77人で、1ユニットのほうが従事者の配置が多く、人件費率を押し上げている。 そのため、2ユニットのほうが効率的な経営を行っていることがいえる。 また、単独型と併設型の収支について経常増減差額比率を比較すると、単独型は6.2%、併設型は6.7%で、ほとんど差はない。

しかしユニット数別に比較すると、単独型1ユニットは2.6%、併設型1ユニット2.7%であるのに対し、単独型2ユニットでは7.6%、併設型2ユニットでは7.7%と明らかな差がみられる。 したがって、収支に影響するのは単独型・併設型の違いではなく、やはりユニットの規模の差であるということがいえる。 これらの結果より同機構は、今後新たにGHを開設する際は、多くの認知症高齢者を支える地域の受け皿になるためにも、規模の大きい2ユニットでの開設が推奨されるとしている。