2000年から一貫して高齢者住宅に取り組んで参りました。多くの事業モデルを模索し、失敗を重ねながら、一歩一歩前進してきたつもりですが、モデルの数だけ失敗がありました。

このブログを借りて、失敗の教訓を整理しておきたいと思います。高齢者住宅事業に取り組む多くの方々に少しでも参考にして頂き、次のステージを目指して欲しいものです。

国は高齢者住宅事業を丸め報酬型から介護外付け型へとモデルを変えてきました。当然、その目的はニーズの高まりに応じて丸めの高齢者住宅(施設)を増産すれば、社会保障費の増大を招くことを防ぐ為でした。高齢者住宅の大きな流れは施設から居宅への変化です。

 

しかしながら、このモデルチェンジは容易なことではありませんでした。一見すれば、高齢者の賃貸住宅事業かと安易に考える方々がおられます。多くの方が安易に考え、安易に取り組み、失敗をしてきました。介護外付けモデルは極めて難易度の高い事業であることをまず認識すべきかと思います。この事業を成功させるためには幾つものハードルを超えねばなりません。

制度の壁、資本の壁、人材の壁、入居の壁、行政の壁、私が直面した壁について、次なる飛躍のステップとするために、これから一つずつ振り返ってみたいと思います。