高齢者シエアハウスが取り上げられておりました。これからの高齢者住宅の在り方を考えるときに空き家対策と併せて一つの方法として注目されますが、シエアハウス的発想を持ち、高齢者の為のサポート体制がノウハウとして蓄積されねばなりません。試行錯誤が続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高齢者住宅としてのシェアハウスのメリットとデメリット

(けあZine 2017-07-14 )

なぜシェアハウスが注目されているのか

 シェアハウスが注目されている理由はいくつかあります。特に不動産関係者にとっては空き家の問題や、高齢者が敬遠されるもっとも大きい理由である孤独死の心配がないなどの理由から歓迎しているようです。また、空き家を再利用できる、事故物件を減らすというメリットもあります。

 シェアハウスを成功させるためには、「オーナーが誰か」というのが必要なポイントです。賃貸住宅で資産運用している人がシェアハウスを運営することもありますが、住人がオーナーとして運営していくこともあるでしょう。

 自分と配偶者、そして子どもに合わせて暮らした家で、今はもう部屋が余っている。あるいは手入れが行き届かなかったり、動けるけれど自分の一人暮らしが不安だったりという人は、自宅をシェアハウスにすることもできます。

 空いている部屋をシェアして収入を得ながら、一人暮らしの寂しさや孤独死に対する不安から解放されるのです。また、リバースモーゲージが注目されていますが、これも運営によっては新しい老後の資金として使えるかもしれません。

 しかし自分がオーナーとしてシェアハウスを運営していくことは、予想以上に大変です。管理会社を見つけることから始まり、入居者の募集や退出準備、家の補修、オーナーが亡くなった際の管理も決めなければいけません。また、管理会社が適切な仕事をしているのかは、外部が監査する必要があります。

<次回に続く>