<前回に続く>

地域包括ケアシステムとは,「日常生活圏域に生活上の安心・安全・健康を支援・確保(住まいも含まれる)していき,多様なサービスを24時間・365 日切れ目なく,かつ医療・介護サービスなどを包括的に提供していくシステム」である(図2)。
171101先行指標

そして,これからは市町村に「地域包括ケアシステム構築を事業計画に義務づけていく」といった社会保障のシナリオ・国家戦略として位置づけられた。

 この地域包括ケアシステム構築に連鎖・連動し,高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住・住み替えができる賃貸などの住まいを整備推進していく計画として国土交通省・厚生労働省が所管する「高齢者住まい法」が改正され,2011 年10 月から「サービス付き高齢者住宅」の登録がスタートした。

この制度におけるサービス付きでは,「安否確認サービスと生活相談サービス」が必須となっている。ケアの専門職が,少なくとも日中建物に常駐していることが義務づけられている。

 その他の生活支援や介護・看護・リハビリテーション・医療サービスは,外部サービスを選択・活用できる仕組み(地域内完結型)となっている。

さらに,サービス付き高齢者住宅にテナントして地域密着型サービス(グルーホーム,小規模多機能施設,定期循環型介護・看護サービス),クリニック,訪問看護ステーションが身近に組み込まれている形態,あるいはサービス付き高齢者住宅に近接した医療・介護機関と連携し,24 時間・365 日の安心を保障していく形態とがセットで組み立てられていく(図3)
171101あいセーフティネット

























<次回に続く>