2015年都道府県別平均寿命が発表されました。男性では80.77歳、女性では87.01歳と7歳の開きがあります。又、男性ではトップの滋賀81.78歳と最下位の青森78.67では3.11歳の開きがあり、女性ではトップの長野87.67と最下位の青森85.93歳では1.74歳の差があります。
地域差はあまりないように思いますが、やはり男性と女性の間には大きな差がありますね。
・・・・・・・・・・・
長寿1位、男性で長野がトップ陥落 15年の平均寿命

佐藤啓介

  

朝日新聞2017年12月13日17時23分

2015年の都道府県別の平均寿命で、1位は男性が滋賀、女性は長野だった。厚生労働省が13日に公表した同年の「都道府県別生命表」でわかった。5年に1度、国勢調査などを基につくられるもので、男性で過去5回連続1位だった長野は2位だった。


 公表は今回で11回目。男性1位の滋賀は81・78歳(前回80・58歳)。05年、10年は2位で初のトップになった。2位は長野の81・75歳(同80・88歳)、3位は京都の81・40歳(同80・21歳)。女性1位の長野は87・675歳(同87・18歳)で、トップは2回連続。岡山の87・673歳(同86・93歳)、島根の87・64歳(同87・07歳)が続いた。