先日「孤独死ガイド」の著書である心療内科医の松本ゆたか先生とお会いしました。大変やさしいドクターで想像通りの先生でした。

先生とは孤独死支援サポートの仕組みを都内で作れないものかについて色々とお話をさせて頂きましたが、特に先生が高齢者の住居について大変関心を寄せていることに驚きを隠せませんでした。

先のブログでも書きましたが欧州では古くから「福祉は住宅に始まり、住宅で終わる」と言われますように、地域包括ケアも住宅が要となります。決して病院ではないのです。

その住宅の観点をもって、孤独死をどのように防ぐか、というより、孤独死をどうサポートするかという前向きな発想をもっておられること、加えて孤独死支援ビジネスにまで発展させたいというお考えに大変共鳴をさせて頂きました。

私が先生のことを知りましたのは、「孤独死ガイド」本のご紹介でした。先生が孤独死のマイナス面だけではなく、プラス面についてお話されている点に興味をひかれました。この本との出会いがご縁でお会いすることができました。

確かに人間は死ぬときにはひとりで死にますので、孤独死といえば、皆孤独死になるのです。それを前提に準備をしっかりと行っておけば、孤独死は恐れるに足りずということに何か気持ちが軽くなる思いをしました。
先生の本の中にも、次の項目には大変感銘を受けました。

第3章 自発的な死、納得できる死
第4章 死ぬ準備
第6章 死ぬまでの生き方:キーワードは「足るを知る」
第7章 好きなように生きるシンプル・ライフ
第8章 家族との拘わり
終章  こんなもの、あったらいいな:孤独死支援ビジネス

皆様にも是非、松田ゆたか先生の「孤独死ガイド」(幻冬舎ルネッサンス)を呼んで頂きたいと思います。今後、先生との孤独死支援ビジネスのことについてもご報告をさせて頂きたいと思います。

参考ブログ→http://ll-support.blog.jp/archives/5461116.html
         http://ll-support.blog.jp/archives/5460871.html








LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加
twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp


【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/