本日、弊社が身元引受をさせて頂いておりましたご夫婦のご主人様の納骨をさせて頂きました。ご夫婦が提携施設にご入居されてからしばらくたってから急にご主人がお亡くなりになってしまいました。奥様と一緒にご主人様のご実家のお墓を探したのですが、残念ながら場所が特定できないままに、お亡くなりになりました。

ご実家のいろいろなご事情もあり、連絡が取れない状況となりましたので、最終的には自分たちで死んだ後の納骨の手配が必要となりました。

ご主人が亡くなられてからしばらくは、施設の奥様のお部屋にお骨を祀っておられましたが、昨年末に奥様にお会いし、納骨のご相談をさせていただきました。寂しさが伝わってまいりましたが、いつまでもお部屋に置いておくわけにもいかず、このたび漸く施設に遠くない墓地に納骨することが決まったのです。

私共で、納骨できる場所を探して交渉し、これからの生活費のことも考え、できるだけ費用を抑えるようにして、何とか10万円以内での納骨が可能となりました。本当はご親族のお墓に収めたかったのですが、奥様も最終的にはご納得をいただき、お参りに行ける施設に近い墓地への納骨ができました。

本日は大変寒い中でしたが、奥様には施設の管理者とご一緒に納骨堂まで足を運んでいただきました。さぞかしほっとされたのではないかと思います。

私くどもも、奥様お一人の身元引受となりましたが、これからも家族に代わって最後までサポートをさせて頂きたいと思います。

合唱