我々が地域の中で住み替え可能な住宅群(メディカルケア・タウン)を作ろうと思ってこれまで全国で取り組んで参りました。鳥取、福岡、佐賀、そして茨城とそのモデルを試行錯誤して参りました。

今は、それぞれの地域で自立型から介護型、そして医療型と様々な形を取りながら進化をしてきていますが、今回最大級の茨城県取手市にある「いつくしの杜取手」が最終段階を迎えます。

いつくしの杜取手は一区画に6棟の高齢者住宅群がたっています。住宅型有料老人ホーム5棟に加えてデイサービス棟が1棟となります。自立から介護、そしてホスピス型までを行える施設群として設計したものです。
恐らく関東では最大規模の住み替え可能なメディカルタウンではないかと思います。

これまで壱番館、弐番館、四番館、五番館はほぼ満室の状況になりました。壱番館は平均介護度が約3.0の介護棟、弐番館は3.5、四番館は2.0、五番館は2.5というのが現状です。そして、最後の1棟である参番館のオープンが3月1日と決まりました。

この参番館も最近は中~重度の高齢者のニーズが高くなっておりますので、医療連携を行いつつ平均介護度の3~3.5を目指す施設となりそうです。

多くの方々が住宅型有料老人ホームやサ高住を自立型施設という色眼鏡で見ますが、現場はそんな区分けは一切ありません。どのような形態であれ、求められる機能を発揮しようと施設は進化を遂げます。

いつくし杜取手はそのような進化の過程をふまえ、住み替え可能な高齢者施設群(メディカルケア・タウン)として誕生したものです。合計で81名の方々がここで暮らすことになります。是非一度、見学にお越し下さい。
皆様のご見学をお待ちしております。

ケアタウン「いつくしの杜取手」PDF_01




















この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。




LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓



twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓




当協会のfacebookページへのいいねはこちらをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp


【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/