ある地方都市の行政からのご相談です。地域に市が作った温泉施設があり、地域住民の憩いの場となっているが高齢化が進む中、今後の施設の有効活用について提案してくれないかというものです。

我々にはこれまで複数のケア・タウンの開発、運営事例があります。恐らく地方都市においては地域のリラクゼーションセンターとして設けた保養所や温泉施設が多数あるのではないかと思います。

地方都市の高齢化や人口の減少で、これらの施設の有効利用について皆さんがお悩みの事と思います。
そのような施設をケアタウン、又はメディカルケア・タウンとして再生することを我々は提案したいと思います。

下記の写真は我々が茨城県で支援をしているメディカルケア・タウンの全容です。この事例はデイサービスを中心に自立型~介護型~ホスピス型までの住み替え可能な高齢者住宅群を作った事例です。

この中心施設に温泉リハビリセンターを配置し、自立から介護までの住み替え可能なシニアタウンを作ってみては如何でしょうか?このケアタウンで働く従業員の皆さんの為に保育所も敷地内に設けることも考えられます。
下記の案では、約100名の高齢者がこの町で暮らし、70名前後の従業員が働く環境が生まれます。

いつでもご相談を受け付けます。気楽にご相談下さい。この記事が面白かったという方は下記の是非LINE@への登録をお願い致します。有益な情報をお届けいたします。

ケアタウン「いつくしの杜取手」PDF_01


















温泉ケアタウン構想配置図事例















温泉ケアタウン構想構想案
















この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓


当協会のfacebookページへのいいねはこちらをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp


【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/