北嶋三郎氏の長男大野誠氏の孤独死について報道が続いていますが、週刊女性が孤独死を予防する方法について述べています。孤独死は8対2で圧倒的に男性が多いのですが、そのキーワードは男、60代、酒、たばこの4つ。女性が少ないのはコミュニケーション能力の高さにあるとの指摘、ごもっともです。
・・・・・・・・・・・・・
北島三郎の次男・大野誠さん逝去、男女比8対2で起きる孤独死を予防する方法

女性は買い物でも旅行でもみんなで行く。男性はひとりで行動することが多い。男性のほうが強がる傾向があるし、自分の死というものに鈍感です。

 男性は自分には死は来ない、考えたくないなどと思っています。夢を追う、ロマンを追う。現実は見たくないと考えているんですよ」

 孤独死しやすい男性には共通点があり、3つの条件が当てはまるという。

キーワードは“男・60代・酒”です。60代になっても深酒をしていれば、身体にいいわけがない。次にタバコですね。

 酒を飲んでタバコを吸っていれば心筋梗塞になります。そもそも男性は女性に比べて生まれつき7年寿命が短い。そのうえに酒を飲んだりして無茶を重ねてしまう。男性のほうが短命なんだから、温かい目で見守ってあげてほしいですね。男というのは悲しい生き物なんです」

 大野さんも酒とタバコが好きだった。孤独死を減らすためには周囲が注意深く見守ることが大切なのだろう。