デイサービスの元介護士が利用者の留守宅を狙って空き巣を繰り返していました。被害総額は1200万円にも及ぶと言われます。ひとり暮らしであれば当然デイを利用中は家は留守になりますから、確実に狙えるというわけです。一人暮らしの高齢者を狙った犯罪で、許しがたい事件です。
・・・・・・・・・・・・・・
被害総額1200万円 デイサービス利用者宅に”空き巣”繰り返す 元介護士の40歳女を送検 福岡県

テレビ西日本 2018/03/22 18:40

デイサービスの利用者をターゲットにしていました。

警察は久留米市など筑後地区で空き巣などを繰り返していた疑いで、元介護士の女を送検し捜査を終了しました。

被害は1千万円以上に上るということです。

警察によりますと、筑後市の元介護士、吉山幸子被告(40)は久留米市や筑後市などの住宅に侵入し、現金1千万円以上を盗んだ窃盗などの罪で起訴されています。

吉山被告は、筑後地区の複数の高齢者施設で介護士として働き、デイサービスを利用して不在となっている利用者の家に侵入して現金などを盗んだとされています。

警察は2016年9月からの1年間で29件の犯行を確認していて、被害総額はおよそ1200万円におよび、このうち8件について送検しました。

調べに対し吉山被告は「お金を持っていそうな施設の利用者を狙った。生活費やギャンブルのために盗んだ」などと供述しているということです。