先日施設入居予定者様の件で、成年後見人に確認をしたことがあります。この入居予定者様には子供がいるようですが、かかわりをもちたくないということで、成年後見人をつけたようです。亡くなったら遺骨だけは引き取るというお話だったと聞いています。

施設入居には当然、身元引受人の署名が必要ですので、成年後見人にそのことを確認をさせて頂きました。なぜなら、成年後見人は本人に代わって入居契約は行いますが、身元引受はしないというのが通例です。法的にその義務はないのです。しかし、今回の入居に当たっては後見人が身元引受をするという連絡がありましたので、直接後見人に確認をしたわけです。

電話でのお話では、施設入居の為には仕方ないでしょう。自分が身元引受を行います、更に、死後事務も家族と一緒に行いますということでしたので、施設にゴーサインを出したのです。成年後見人にもこのようは人がいるものだと感心していましたところ、昨日施設から連絡が入り、入居契約の為に後見人が施設に来たが、入居契約の段階で、身元引受欄に署名は出来ないと言って、帰ってしまったというのです。

この入居予定者様は現在病院におり、担当のソーシャルワーカーとは退院日の打ち合わせ並びに施設入居に際しての介護タクシーまで予約をしていたにも関わらず、いざとなったら身元引受が出来ないという言われるのです。

施設としては当然、ご入居手続きを行うことができません。施設から後見人に再三電話をしても、そんな固いことは言わなくてもいいではないか、の一点張り。あたかもどさくさにまぎれて、入居さえさせてしまえば後は知らないと言わんばかり。

以前にも別の成年後見人の同様の対応がありました。この時には、最初は自分が身元引受をやるからと言って強引に入居をさせて、最終的には身元引受欄には署名せず、親族がいるのでそちらにさせるからといって、既に数カ月ほったらかし。未だに解決をしていません。今回も同様の手口を使うつもりでしょうか。

こんなことで成年後見人と言えるのでしょうか。あまりに無責任な対応に怒りを禁じえません。対応に苦慮しています。裁判所に申し立てをすべきかを検討をしています。


この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

当協会のfacebookページへのいいねはこちらをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/