外科医でプライマリー・ケア(総合内科医)であり、「機能強化型在宅療養支援診療所」として近隣病院と連携し、旭区内を中心に24時間体制で在宅医療に取り組んでいる。オカダ外科病院のご紹介です。地域ではこのような総合医療を行っていただける先生がまだ不足をしています。.社団法人日本プライマリケア連合学会の会員総数は11,743名 (2018年1月末日現在)で2025年までには10万人を目指しています。その活動に期待をしています。
・・・・・・・・・・・

外科 認知症の診断・相談や在宅医療にも注力 オカダ外科医院
タウンニュース2018.07.12

 中希望が丘に開業して今年で59年の同院。地域に根付いた医院として、家族3世代に渡って受診する患者も多いという。
 岡田院長は、外傷や皮膚のできものなど外科的疾患に加え、風邪や高血圧症、糖尿病など幅広く病気を診る「プライマリー・ケア医(総合内科医)」でもある。