介護福祉ライターの宮下久美子氏によるハラスメントの5つの背景について前回ご紹介をしましたが、引き続きその対策について提案をされています。参考にすべき内容と考えます。特に重要なのは法人・管理者がハラスメントは許さないという方針を示し切るかどうかにかかっているように思います。法人・管理者の意識改革が決め手であるのは間違いありません。
・・・・・・・・・・
ハラスメント防止の鍵は管理者の意識改革と介護職同士の情報共有【介護職へのハラスメント3:対応・前編】
Yahoo!ニュース 個人2018.08.29

介護職へのハラスメントについて、調査を行った日本介護クラフトユニオン(NCCU)、高齢者心理の専門家、訪問介護事業所社長に話を聞いた。そして、ハラスメントへの対応として重要なポイントは、以下の3点だと考えた。このうち、特に3は、暴言や暴力、介護拒否などに悩む介護家族にも参考になるだろう。

1.法人・管理者が意識を変える……ハラスメントは許さないという毅然とした態度をとる

2.介護職が我慢を辞める……ハラスメントを我慢しない。防ぐ・かわす対応を身につける

3.利用者の心理への理解……ハラスメントを起こす背景にある心理を理解する