町田市高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」の事件が起きて1週間を過ぎましたが、依然として捜査は難航しています。3つの謎が話題となっています。1つは犯人の目的、2つは犯人の侵入経路、3つは使用された凶器。現場ではいまも警察官数人が警備に就いているものの規制線は解かれ、事件発覚当時の物々しさは見られないと言われますが、閑静な住宅街に不安が広がっています。関係者への聞き込みを中心に調べを進めているようですが、時間がかかりそうです。
・・・・・・・・・・・・
事件から1週間 高齢者施設で女性殺害、捜査難航
TOKYO MX2018.09.28
 東京・町田市の高齢者施設で、入居していた女性が殺害された事件から1週間がたちました。犯人は鍵が掛かっていなかった中庭に面した窓から被害者の部屋に侵入したとみられていますが、有力な手掛かりはなく、捜査は難航しています。

 事件は閑静な住宅街の一角にある高齢者施設「ココファンまちだ鶴川」で起きました。9月21日、この施設に入居していた関初枝さん(69)が頭を鈍器のようなもので殴られ、殺害されました。現場ではいまも警察官数人が警備に就いているものの規制線は解かれ、事件発覚当時の物々しさは見られません。