これまで在院日数短縮と病床利用率向上との両立が行われていましたが、利用率が2年連続で下がってしまいました。我が国は人口減少社会に入っており、地方によっては、すでに患者数そのものが減少し始めていることが、この背景にある可能性があります。近く、都市部でも人口減少(=患者数減少)が始まることが確実であり、各病院におかれては「ダウンサイジング」(病床の削減)や共倒れを防ぐための「近隣病院との再編・統合」なども視野に入れた検討を早急に進める必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・
「6月分」データ、2016年以降、在院日数の短縮に、新規患者獲得が追いつかず―病院報告、2018年6月分
メディ・ウォッチ2018.10.10
 「6月分」のデータを追いかけると、2013年から2016年にかけて「在院日数の短縮」と「病床利用率の向上」とを両立できる理想的な動きとなっていたが、2016年以降は病床利用率が低下しており、多くの病院で「在院日数の短縮に、新規患者の獲得が追いついていない」と考えられる―。

 こうした状況が、厚生労働省が10月9日に公表した2018年6月分の病院報告から分かりました(厚労省のサイトはこちら)。

今年(2018年)6月における(1)の「1日平均患者数」は、病院全体で入院123万6130人(前月比7342人・0.6%増)、外来136万1252人(同4万4571人・3.4%増)となりました。入院では微増、外来では大幅増という状況です。

医療法上の病床種別に入院患者数を見てみると、▼一般病床:66万7616人(同7124人・1.1%増)▼療養病床:28万1919人(同812人・0.3%減)▼精神病床:28万4903人(同1042人・0.4%増)▼結核病床:1633人(同16人・1.0%減)―などという状況です。

「平均在院日数」に目を移してみると、病院全体では27.2日で、前月と比べて0.9日短縮しました。病床種別に見ると、▼一般病床:15.6日(前月から0.5日短縮)▼療養病床:144.5日(同2.8日延伸)▼介護療養病床:323.3日(同11.1日延伸)▼精神病床:250.5日(同6.7日短縮)▼結核病床:66.7日(同0.2日短縮)―という状況で、医療療養・介護療養では延伸、他の病床では前月から短縮しています。