孤独死保険














孤独死保険が注目を浴び、保険会社各社が取り組み販売競争にまでなっています。特に少額短期保険が出てからは競争に一層拍車がかかっていますが、見落とされている独居高齢者の孤独死以外の死があります。
それは賃貸住宅以外で亡くなった場合のリスクです。保険対象となる孤独死はあくまで賃貸住宅の居室での死亡を対象としていることです。体調を壊され、病院に運ばれて亡くなった場合は対象外ということになります。その際には遺品整理や死後事務等の費用は対象になりません。

我々はこの問題を解決するために、同じく少額短期保険で生命保険に入居者が入ってもらうことにしました。
死亡時の処理を行う費用を捻出するのが目的です。

独居高齢者の多様な死に備えるトータルリスク管理の仕組みが必要となっています。みよりクラウドシステムはそのためのシステムを提供しています。

「みよりクラウドシステム」プレス記事 https://www.value-press.com/pressrelease/210801
LINE@()にて第16回【低所得者向け賃貸住宅サポートシステム「みより・クラウド・システム」という記事をダウンロードできますので、是非ご参考下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「孤独死保険」は多死社会の切り札となるか
2030年の推計死亡者数「年160万人」の衝撃
東洋経済オンライン2018.12.31
 時代の変化を的確にとらえて、ビジネスに仕上げるのが得意な損害保険業界において、じわじわと注目されてきたのが「孤独死保険」だ。

少子高齢化時代、世の中では「人生100年時代」とボジティブな側面も強調されるが、その最も暗い側面はほとんど語られてこなかった。死亡者数が毎年増えていく「多死社会」という現実だ。

日本少額短期保険協会が2018年3月に出した「孤独死の現状レポート」によると、日本の死者数は2015年で年間129万人だが、2020年には141万人、2030年には160万人、ピークの2040年には168万人と推計されている(推計は国立社会保障・人口問題研究所、2017年出生中位・死亡中位推計)。

孤独死するお年寄りが増えていく
死者数の増加に連動して将来、増加しそうなのが、独り暮らし高齢者の孤独死だ。すでにその兆候ははっきりと現れている。「東京都23区内における独り暮らしで65歳以上の人の自宅での死亡者数」は2011年から増加傾向で、2015年には3000人を超えた。23区内だけで1日当たり8.5人もの人が1人きりで亡くなっていることになる。


この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

当協会のfacebookページへのいいねはこちらをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/