認知症で「精神障害者保健福祉手帳」を取得できると様々なメリットを受けることができますので、是非とも取得をしたいものです。認知症の治療を6ヶ月以上続けると申請ができます。ご家族でも代理申請ができます。税金の障害者控除が受けられ、医療・介護の自己負担も軽減されます。是非活用したいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
認知症でも「障害者手帳」が取得できる!医療・介護の自己負担が軽減される可能性も
Yahoo!ニュース2019.2.20
認知症でも精神障害者保健福祉手帳の取得が可能です。障害者手帳を持っていると、税金に「障害者控除」が使え、医療・介護の自己負担が軽減される可能性があります。

その他にも様々なメリットがあります。認知症の治療を6か月以上続けているときは申請を検討してみてはいかがでしょうか。

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳(以下「障害者手帳」)は、精神障害のため、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方が対象になります。認知症の方も認知症と診断されてから6ヵ月以上経過すれば申請が可能です。

申請は、お住まいの市区町村の担当窓口に、障害者手帳申請書、診断書、本人の写真などを提出します。申請は家族や医療機関関係者が代理で行うことができます。申請時の診断書等に基づいて審査を行い、以下の障害等級が決定されます。