『そろそろ「病院」と「在宅」のどちらがよいか、という争いはやめにしませんか。その人にとって安心して過ごせる場所は、そのときによって変わるのですから。医療者はそれぞれの良さを理解し、「病院」でも「在宅」でも切れ目なく、そのときに望ましい場所で過ごせる支援をしていきたいものです』廣橋 猛(永寿総合病院)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「病院 VS 在宅」の争いはやめませんか
日経メディカル2019.2.27
 さて、1年ぶりに「二刀流の緩和ケア医」が復活します。このコラムでは、病院在宅の両方で切れ目なく患者に関わる緩和ケア医が、理想論ではなく現実社会における緩和ケア在宅医療の問題点を論じてきました。

 連載再開の1回目は、二刀流ならではのテーマ。「病院と在宅、どちらがいいの?」という疑問への回答から開始したいと思います。

在宅の医療者は、病院のことを潜在的に良く思っていない人が多くいるのではないでしょうか。「入院すると寝かされてばかりで、すぐ弱ってしまう。せん妄を起こして抑制されてしまう。終末期なのに点滴ばかりして、かえって苦しくさせている。病院に行くと苦しむから、入院しない方がよい」などなど、いろいろな声が聞かれます。在宅の医療者は、そのような病院での医療がイヤになり在宅で勤務するようになった方が多いという側面もあるのかもしれません。

 一方で、病院の医療者は、在宅医療に関わる人のことを「あの先生は何かあればすぐ病院に送ってくる。ちゃんと診ているのかしら」と同様に負のイメージを持つこともあります。実際は、病院以上によく診てくださる先生もいる一方、週末にはゴルフに行くからと、在宅患者が発熱したというコールに診察に行かないまま、救急車で病院に行くように指示する医師もいます。在宅医療の質も均一ではありません。

 果たして、病院と在宅はどちらがいいのでしょうか。

我々、進行癌患者を支える医療者にとって、一番やってはならないことは、病院と在宅のどちらか片方がよいという価値観を押し付けることです。以前、本連載で書いた記事(「でも、在宅で看取れてよかった…」でよいか?)のように、本人が望まない形の最期になってしまうことを避けなければなりません。

そろそろ「病院」と「在宅」のどちらがよいか、という争いはやめにしませんか。その人にとって安心して過ごせる場所は、そのときによって変わるのですから。医療者はそれぞれの良さを理解し、「病院」でも「在宅」でも切れ目なく、そのときに望ましい場所で過ごせる支援をしていきたいものです。私が二刀流の緩和ケアを貫くゆえんです。