地震や災害が日常化していくなかで、我々はいつ避難所生活を余儀なくされるかもしれません。認知症の高齢者にとっては環境変化が最大の敵です。どうして環境変化を乗り切るのか、避難所での生活に役立つガイドを作成した認知症介護研究・研修東京センターの永田久美子研究部長のアドバイスです。

避難所生活を認知症の人と家族が「うまく乗り切る」ための6つのポイント
Yahoo!ニュース2019.3.11
 急激な環境の変化が苦手で、人一倍ストレスに弱い認知症の人たちにとって、災害などによる避難所での生活は、より困難を伴います。認知症の人と家族が、避難所生活を少しでもうまく乗り切るためのポイントは何でしょうか。避難所での生活に役立つガイドを作成した認知症介護研究・研修東京センターの永田久美子研究部長に、教えてもらいました。

まとめ「避難所生活を認知症の人と家族が『うまく乗り切る』ための6つのポイント」

1.静かな居場所の確保・工夫
2.トイレのための工夫
3.本人に心地よい刺激とリフレッシュタイムを
4.本人が安心できる活動や情報を
5.家族が自分の身と心をいたわる
6.福祉避難所への早めの移動