認知症予防に睡眠が良いのかもしれません。脳の活動と睡眠の関連性を示す新たな研究成果が明らかになりました。「科学学術誌『Science Advances』で2019年2月下旬に発表された麻酔による睡眠の最新研究によると、こうした一時的な認知障害は、の清掃機能が原因のひとつである可能性を教えてくれる」と報告されています。深い睡眠は脳の老廃物を輩出する上で大変重要とのこと、しっかりと睡眠をとらねばなりませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・
「脳の老廃物」を除去するには、深い睡眠が必須だった:研究結果
 WIRED.jp2019.3.16

の活動と睡眠の関係性を示す新たな研究結果が明らかになった。このほど科学学術誌で発表された「睡眠と脳の清掃機能」の最新研究が示しているのは、睡眠不足とアルツハイマー病の関連性や、ある種の麻酔が高齢者の認知障害につながる理由などだ。

あなたの家族や友人のなかに、全身麻酔下の手術の末に突然の「認知障害」を経験した高齢者がいるかもしれない。科学学術誌『Science Advances』で2019年2月下旬に発表された麻酔による睡眠の最新研究によると、こうした一時的な認知障害は、の清掃機能が原因のひとつである可能性を教えてくれる。

「睡眠は脳の老廃物排出システムにおいて非常に重要です。この研究では、深い睡眠であればあるほど効率的であることがわかりました」と説明するのは、この論文の筆頭著者であるロチェスター大学メディカルセンターのマイケン・ネダーガーである。「これらの知見はまた、睡眠の質や睡眠不足が、アルツハイマー病や認知症の発症を予測できるという根拠を、ますます強固なものにすることでしょう」