「チュージングワイズリー」という言葉を初めて耳にします。近年、アメリカの医療業界で起きているムダな医療を排除する活動とのこと。医療行為の中で、メリットよりもデメリットが上回る医療行為をリスト化する活動であり、それをムダと定義できれば医療費の削減につながることになるというものです。早晩、日本でもこの考えが広まる可能性があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本を滅ぼす「ムダな医療」、米国では激減のワケ
BIGLOBEニュース2019.4.12
 米国で進む「チュージングワイズリー」の動きをご存じか? 近年、医療分野において増加している「メリットよりもデメリットが上回る医療行為をリスト化する活動」のことを、そう呼ぶのだという。最前線をいく米国では、世界的に権威のある医学会などが率先してリスト化に協力している。2014年に250項目程度だったリストは、5年経った2019年現在、およそ300項目が追加され、計550項目ほどにまで増えた。医療経済ジャーナリストである室井一辰氏が、その背景を紹介する。(JBpress)

医療という「大海」の中には、受けないほうがいいという治療もある。それを一つの海図として知っておくことが、誰にとってもメリットになると私は考えている。

 2013年、まったく別の情報収集をしているときに、私は「チュージングワイズリー(Choosing Wisely)」の存在を知った。直訳すれば「賢く選ぼう」という活動。この小さかった活動が、いまでは国際的に広がりを見せている。

 残念ながら日本ではまだ、チュージングワイズリーについてあまり知られていない。だが米国では、医師のほぼ半数がその存在を認識している。それほど医療業界に浸透し、影響力を持つ存在になってきているのだ。チュージングワイズリー、すなわち「ムダな医療」を見極めて排除しようという動きは、早晩日本にもやってくることは間違いない。