これまでの単身高齢者の多くは配偶者に先立たれた妻や夫でしたが、今後は未婚の単身高齢者の増加が見込まれます。大都市だけではなく、近年は地方でも近所づきあいが希薄化しており、単身高齢者の社会的孤立や認知症をはじめとした介護の問題は全国的な課題となっています。対策としては、民間企業の協力を得ながら、見守りネットワークの再構築と社会的受け皿施設の整備が必要です。我々はみより・ケア・コミュニティサービスを提案しています。
みよりケアコミュニティサービス

















未婚者の5割超が「認知症になったら、介護してくれる家族は誰もいない」…解決策はあるのか
www.fnn.jp2019.4.14
  • 2025年には65歳以上の約5人に1人が認知症になるとみられている
  • 未婚者の5割超が「認知症になったとき、介護してくれる家族は誰もいない」と回答
  • 背景にあるのは「生涯未婚率の上昇」と「単身高齢者の増加」

  • 誰にとっても他人事ではないわけだが、明治安田総合研究所が40~64歳の男女を対象に意識調査を実施し、「認知症になったとき、家族や親族で介護してくれるのは誰か」と尋ねたところ、未婚者の約5割が「誰もいない」と回答したことが分かった。

    この調査は、明治安田総合研究所が2018年6月、「人生100年時代の生活」をテーマにインターネットで12,000人を対象に実施したもの。


    この記事をおもしろかったという方は、
    LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
    LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
    ↓↓↓↓↓↓↓

    twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
    ↓↓↓↓↓↓↓

    ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

    【本ブログについてのお問い合わせ】

    一般社団法人ロングライフサポート協会

    TEL:050-3786-4790

    E-mail:info@ll-support.jp

    【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

    当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

    身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

    コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
    高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

    サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
    身寄りドットコム:http://miyori-support.com/