1位のがん、2位の心疾患に続き老衰が死因第3位に浮上し、老衰が3大死因の一つになりました。今後については、「自宅」や「介護施設」での看取りが極めて重要なテーマとなると指摘されています。加えて、人口減少は2018年で44万超、自然減数・自然減率ともに12年連続の減少かつ低下となっており、我が国の「人口減少」にはますます拍車がかかっていることが分かります。国の消滅に歯止めがかかりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018年、日本人口は44万超の減少、「老衰」が死因第3位に浮上―厚労省
メディ・ウォッチ2019.6.10
 2018年、出生数と死亡数の差である「自然増減数」はマイナス44万4085人で、人口減少ペースはさらに加速している。死因をみると第1位のがん、第2位の心疾患に変わりはないが、脳血管疾患を抑えて、第3位に「老衰」が浮上している―。

 このような状況が、6月7日に厚生労働省が公表した2018年の「人口動態統計月報年計(概数)の概況)から明らかになりました.

出生数と死亡数の差である「自然増減数」を見ると、マイナス44万4085人で、前年に比べて4万9753人の減少ペース加速となっています。自然増減率(人口1000対)はマイナス3.6で、前年から0.4ポイント低下しています。自然減数・自然減率ともに12年連続の減少かつ低下となっており、我が国の「人口減少」にはますます拍車がかかっていることが分かります。

国家が存立するためには▼領土▼国民▼統治機構―の3要素が不可欠ですが、人口減少は、「国民」の要素が失われつつあること、つまり日本国が消滅に向かっていることを意味します。社会保障制度はもちろんのこと、我が国の存立基盤が極めて脆くなってきていると言えます。

今後、高齢化がますます進行し、また医療・医学等の水準が上がることに鑑みれば、「老衰」が、我が国の3大死因の1つになっていくと考えられそうです。そこでは、「自宅」や「介護施設」での看取りが極めて重要なテーマとなります。