2025年には751万世帯が単独世帯(独居老人)になると予測されます。全てが貧困世帯になるというわけではありませんが、中流サラリーマンが貧困に陥るリスクが高まっています。貧困老人に共通でみられる特徴として、生涯独身、離婚者が多く、日常生活における孤独も際立つといわれます。独居と貧困の相関関係を社会問題として捉え対策をしなければなりません。
・・・・・・・・・・・・・・
中流サラリーマンが“貧困老人”に…お金だけではない孤独問題
エキサイトニュース2019.6.23
 「真面目に働いていたはずなのに、悲惨な老後が待っていた」。これが今の日本の現実なのだろうか。普通の勤め人として中流以上の生活を送ってきたのに、彼らはなぜ生活苦に陥ったのか?

◆真面目なサラリーマンが“貧困老人”になる時代

多数の「貧困老人」を取材すると、彼らは最初から下流生活だったとは限らず、むしろ普通に働いてきた人たちばかりであることが生々しかった。生涯独身、あるいは離婚したという人が多く、日常生活における孤独も際立っていた。

◆750万人が“独居老人”に…孤独という大問題

 2025年には、「世帯主が65歳以上」の高齢者世帯が2103万世帯となり、これは全世帯の38.9%に上る。さらに、高齢者世帯のうち676万世帯が「夫婦のみ」、751万世帯が「単独世帯」。つまり751万人が“独居老人”になることが予測されている(国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計-2019年推計-」)。

貧困高齢者たちは居場所を求めて彷徨(さまよ)っている。これは、年金や生活保護だけで解決できる問題ではない。老後に向けた自身の「準備」が大事なのだ。

 これまでSPA!が取材した貧困高齢者たちは、総じて無気力だった。貧困ゆえの無気力なのか、無気力ゆえの貧困なのかはおくにせよ、人生に夢や希望はとうてい抱けないようだった。「老後の楽しみ」という言葉が、これほど虚しく感じられることはない。