病院と歯科診療所の減少と倒産件数が増加しているといいます。2018年の医療機関の倒産件数は40件程度ですが、実態はどうなのでしょうか?倒産に至る前段階での経営譲渡等M&A物件は増加の一途を辿っています。そこまで含めて厚労省は実態を把握する必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
病院と歯科診療所が減少、病院の倒産件数は20年間で4番目の高水準に
MONEYzine2019.7.20
 厚生労働省の調査によると病院と歯科診療所の減少が続いている。一般診療所の施設数は前年同月比で若干増加したものの、病床数は減少した。

厚生労働省が6月27日に発表した「医療施設動態調査 平成31年4月末概数」によると、4月の病院の施設数は8,327施設で、前月比で15施設減少した。平成30年4月は8,384施設だった。

病院の減少に伴って病院の病床数も前月比で3,731床減少し、153万5,358床となった。平成30年4月は155万3,015床だった。4月の一般診療所の施設数は10万2,298施設で、前月比で96施設増加したものの、病床数は669床減少した。

 4月の歯科診療所の施設数は6万8,485施設で、前月比で20施設減少し、平成30年4月の6万8,742施設から減少傾向が続いている。

一方、帝国データバンクは7月8日、「医療機関の倒産動向調査 2019年上半期」の結果を発表した。発表によると、2019年上半期(1月~6月)に医療機関の倒産(負債1,000万円以上・法的整理)は23件発生し、前年同期比で4件減少したものの、2000年以降の20年間では2009年上半期の33件、2007年上半期の31件、2018年上半期の27件に次いで4番目の高水準となった。内訳は「病院」が5件、「診療所」が13件、「歯科医院」が5件だった。倒産の主因別では、来院患者数の減少などによる「収入減少」が14件(構成比60.9%)で最も多く、以下、「経営者の病気・死亡」(3件)、「人材の不足」(2件)が続いた。