ケアマネも処遇改善が必要とする日本介護支援専門員協会の柴口里則会長の意見に賛成です。介護にかかわる全ての分野で処遇改善が必要です。このままでは介護は構造不況業種になってしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ケアマネも処遇改善が必要」 介護支援専門員協会・柴口会長、国に要請へ
介護のニュースサイト Joint2019.8.28
 日本介護支援専門員協会の柴口里則会長は、2021年度の介護報酬改定に向けてケアマネジャーの処遇改善を国に求めていく方針だ。

深刻な人手不足の解消につなげるため、政府は過去の改定で介護職員の賃上げにリソースを重点配分してきた。今年10月から新設される「特定処遇改善加算」も居宅は対象外。介護福祉士の賃金がケアマネを上回るケースも生じる見通しだ。
 
昨年度のケアマネ試験の受験者は前年度から一気に6割超も減少。受験資格が厳格化された影響も小さくないが、求められる役割や仕事、研修の量が増えて非常に忙しいこと、処遇が十分でないことも背景にあるとの声は多い。