厚労省が平成30年に介護保険給付や自己負担を含む介護費用が初めて10兆円を超えたと発表しました。しかし、厚労省はもともと予算案では2014年には10兆円を超える試算をしていたのではないですか?「介護費の動向について平成28年3月 厚生労働省老健局参照」 。ここ数年介護保険は抑制され続けてきたのではないでしょうか?介護保険制度導入の段階から10兆円越えはわかっていたはず。全てが抑制の為に動いているとしか思えません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
介護費用、初の10兆円超 厚労省、30年度調査 高齢化で利用増
産経ニュース2019.11.28
厚生労働省が28日に発表した「介護給付費等実態統計」によると、介護保険給付や自己負担を含む介護費用が平成30年度に初めて10兆円を超えた。介護サービスを利用した人も前年度比1・6%増の517万9200人で過去最高だった。高齢化の進行で社会保障費が膨張している実態が浮き彫りになった。

 団塊世代全員が令和7年には75歳以上の後期高齢者になるため、さらに膨れ上がる費用をどう抑制するかが大きな課題。制度の見直しに向け議論されている。

 要介護認定を受けて介護サービスを利用した場合の1人当たりの平均費用(今年4月審査分)は前年同月比400円増の19万4600円だった。都道府県別に見ると、沖縄県が21万1700円で最多。鳥取県20万9800円、石川県20万8600円と続いた。