何でこうも場当たり的な対応しかできないのであろうか。厚生労働省は外国人介護職員を受け入れるための職員寮を建てる際にかかった費用の3分の1を補助するとのこと。外国人労働者の受け入れの為に社員寮まで建てる事業者がどれほどいるというのか?アパートを借り上げて賃貸すればよいだけの話、又は、家賃補助をすればよいのではないか。それよりも特定技能の受け入れもままならない今日、計画通りに受け入れのための施策を早急に打つべきである。こんなことをしていては、いつになっても介護人材の確保は困難。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外国人介護職員増へ補助金 厚労省、寮整備を促進 
宮崎日日新聞2020.1.23
 厚生労働省は23日、介護施設を運営する事業者が職員寮などを建てる場合、かかった費用の3分の1を補助する方針を決めた。2020~23年度の措置。外国人の担い手を拡大する意向がある。住宅を借りようとしても「保証人がいない」と断られるケースを減らし、就労の促進につなげる狙い。外国人の受け入れ拡大を急ぐ背景には、介護現場の深刻な人手不足がある。

 3分の1を補助する対象は食事、排せつなどの介助を24時間態勢で受けられる特別養護老人ホームや自宅で生活できるようリハビリをする介護老人保健施設などで、職員のための寮やアパートの建設、改修を後押しする。