介護デューデリNO2

ここ数年、介護事業のM&Aが活発です。我々は136件の介護事業者様のM&A希望物件を分析してみました。

  136件の内、事業別にみると、デイサービスがメイン29%、有料老人ホームが17%、グループホームは12%、 サ高住は8%、それ以外の介護保険事業20%、介護保険以外が14%となっている。


譲渡をしたい事業では圧倒的にデイサービス関連の事業が多いと言えます。施設では有料やサ高住、グループホーム等で合計37%となっており、中でも有料老人ホームの数が多くなっています。今後のM&Aを考えた場合、デイサービス単体での譲渡は収益性や事業規模において難しいのではないかと推察します。可能性があるとすれば施設系+近隣のデイサービスというモデルであれば、譲渡対象になるように思います。単体での事業モデルではなく、複合化することで付加価値を高めるモデルが譲渡対象となるのではないかと考えます。付加価値を高めて譲渡提案することがポイントとなります。




<事業譲渡は鮮度が命、時間勝負です。事業診断をわずか3日間で行います。御社の適正な事業価値について診断を受けてみませんか?> 料金は50万円~

30~50Pのレポートを作成し譲渡先にご提案します。http://lls.sakura.ne.jp/Duediligence.html


 1.施設財務・損益デューデリジェンス業務
 
 2.顧客デューデリジェンス業務
 
 3.介護保険に関わる「法務」デューデリジェンス業務
 
 4.ビジネスモデルデューデリジェンス業務
 
 5.労務デューデリジェンス業務
 
 6.レポート作成業務

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/