新型コロナは大都市の感染拡大だけではなく、地方都市でも対応の仕方如何によってはクラスターが発生し、一気に感染が広がることを大分の医療センターの事例で明らかになった。都会の出来事と思って甘く見ると一気に襲い掛かる怖さをこのウイルスは持つ。早期検診、早期対策が全国どこでも必要なのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大分、女性看護師2人感染 医療センター14人に
東京新聞2020.3.22

 大分県は22日、大分医療センター(大分市)の20代と50代のいずれも女性の看護師計2人が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。病院関連の感染者は14人となった。

 県は院内でクラスター(感染者集団)が発生したとみて、職員や入院患者ら計約600人のPCR検査を進めている。

 県によると、2人は鼻水や発熱の症状があるが軽症。これまで感染が確認された医師や看護師、元入院患者らと同じ病棟で勤務しており、濃厚接触者として21日に検査を受けた。

 県内での感染確認は、大分市の接客業の女性を含め計15人となった